本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

大工道具考

日本の建築は、明治初期までは木造建築一筋の歴史を歩み、木造建築の様式の多様化、造形美、それを具現した高度な技術と優れた職人の技能は他の国に例がなく、独特の進歩発展を遂げてきました。それを支えたのが、道具の王様ともいわれる「大工道具」でした。
ここでは、古い時代の道具、優れた道具などを通じて、日本の木造建築を作り上げた工匠の精神や道具鍛冶の心に触れてみたいと思います。

協力:財団法人 竹中大工道具館


左記のアイコンをクリックして、竹中大工道具館のホームページもあわせてご覧ください。
(別ウィンドウで表示します。)