本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

鉋(かんな)

日本の木造建築、特に和風といわれる建築には、木の地肌をそのまま使う白木造が多くみられます。
白木の柱、板の間、天井などは木の持つ風合いが、自然を身近に感じさせるとともに、白木の持つ適度な吸湿性は、快適な室内環境のための湿度調整の役目をはたすことが、昔から知られていたのです。
このような背景のもと、削り道具である鉋は、木を白木のままで使えるように仕上げるために、日本独特の発達をしてきました。木の表面を滑らかに精彩に仕上げるということから、日本では美に奉仕する道具ともいわれています。

鋸(のこ)

さまざまな鉋

平鉋

平らな平面を削る鉋
仕上げの段階によって使い分ける

平鉋

溝鉋

敷居や鴨居などの溝を削る鉋
決り(しゃくり)鉋とも呼ばれます

溝鉋

面取り鉋

角を取ったり、角部分に曲面や飾り模様を削る鉋

面取り鉋

鉋をつかう

鉋をうまく使うには、日頃の調整や手入れが大事です。良く研いだ鉋の刃を鉋台に仕込み、刃先を少し台から覗かせ、これを削る木の上に当てて引いて削るのですが、薄くて長い削り屑がでるほど表面はきれいに、平滑に仕上がります。しかし、木の鉋台は狂いやすく、刃先も使っているうちに擦りへっていきます。調子良く使い続けるためには、つねに、鉋台の調子を整え、刃先を研ぎ出しておく必要があります。

鉋の刃の仕込

また、鉋を使う動作を世界各地で比べてみると、日本では、引いて使うのに対し、ヨーロッパや中国では押して使うという違いがあるのがわかります。

日本の鉋を使う動作

中国の鉋を使う動作

歴史的背景

台鉋は、世界的にはポンペイの遺跡 (ローマ時代) から出土したものが有名です。日本には室町時代中頃に中国から伝わったと考えられており、安土桃山時代の絵図に台鉋が描かれているのが見られます。 台鉋が日本に現われるまでは、建築ではヤリカンナといわれる削り道具が主に使われていました。精度よく仕上げることのできる台鉋の出現が現在の和風建築の誕生を促したとも考えられます。

歴史的背景

名品

いい仕事をするには熟練した腕と良い道具が必要です。大工は特に鉋の切れ味をやかましくいいます。切れ味とは良く切れ、永く切れること。腕自慢の大工は競って名工といわれる鍛冶職人の手でつくられた刃物を求め、さらに刃物にあった砥石を探しました。
刀鍛冶の流れをくむ千代鶴是秀 (ちよづるこれひで) という鍛冶職人は名工といわれた一人でした。鋼の扱いが巧みで、鉋の刃に限らず工芸的ともいえる形の道具も創っています。

歴史的背景