本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

竹中の歩み

1610年(慶長15) 初代竹中藤兵衛正高名古屋で創業。
神社仏閣の造営を業とする。
1873年(明治6) 維新後次第に洋風建築を手がけ、名古屋鎮台、三井銀行名古屋支店、三井名古屋製糸所を施工する。
1899年(明治32) 14代竹中藤右衛門神戸に進出、創立第1年とする。
三井銀行神戸小野浜倉庫を施工する。
1904年(明治37) 無筋コンクリートの住友安治川倉庫竣工。
1909年(明治42) 合名会社竹中工務店設立。神戸を本店に名古屋を支店とする。資本金10万円。
耐震耐火構造の日本生命名古屋支店竣工。
1911年(明治44) 東京出張所・大阪出張所開設。
1912年(明治45) 商店建築では日本初の鉄筋コンクリート造の高島屋京都店竣工。
1916年(大正5) 鉄骨鉄筋コンクリート造の大阪朝日新聞本社竣工。
1923年(大正12) 本店を大阪に移し、神戸を支店とする。
1934年(昭和9) 明治生命館(東京丸の内)竣工。
1937年(昭和12) 株式会社竹中工務店を設立。資本金150万円。 取締役社長竹中藤右衛門。
1938年(昭和13) 合名会社竹中工務店を株式会社竹中工務店に吸収合併。資本金600万円。
東京・名古屋・京都・神戸・福岡に支店開設。
竹中式潜函工法を開発し、松坂屋上野店・銀座店で実施。
1941年(昭和16) 海外土木興業株式会社設立に参加。
1943年(昭和18) 私立竹中青年学校を開校、熟練工の養成を図る。
1945年(昭和20) 竹中藤右衛門が会長に、竹中錬一が社長に就任。
海外土木興業株式会社の全株式を譲り受ける。
1946年(昭和21) 海外土木興業株式会社を朝日土木興業株式会社と改称する。 (現在の竹中土木)
1951年(昭和26) 竹中藤右衛門相談役に就任。資本金1億円となる。
1953年(昭和28) 東京・大阪に研究室を新設。
1957年(昭和32) 南極観測用施設製作。竹中式潜函工法特許を取得。
1958年(昭和33) 高さ333メートルの東京タワーを施工する。
1959年(昭和34) 創立60周年。資本金15億円となる。
竹中建築技術研究所を東京・深川に開設する。竹中式深礎工法特許を取得。
1960年(昭和35) TAKENAKA & ASSOCIATES INC.をサンフランシスコに設立。
1961年(昭和36) (財)竹中育英会を設立。
1963年(昭和38) 「国立劇場の設計競技」において1等に入選。
1965年(昭和40) 電子計算機の導入完了。
1966年(昭和41) TACSS工法(竹中加水反応型薬液注入工法)開発。
1969年(昭和44) 創立70周年を記念し、竹中技術研究所を新築。
1970年(昭和45) TBW工法(竹中連続地下壁構築工法)開発。
1972年(昭和47) 竹中研修所開設。竹中ミッションが業界初の技術交流団として訪中。
1973年(昭和48) TSTシステム(竹中スラッジ処理システム)開発(1984年環境賞・環境庁長官賞受賞)。
1979年(昭和54) 創立80周年。資本金500億円となる。非製造業として初めてデミング賞実施賞を受賞。
1980年(昭和55) 竹中錬一が会長に、竹中統一が社長に就任。
1986年(昭和61) 「第二国立劇場(仮称)の国際設計競技」において最優秀作品に入選。
1988年(昭和63) わが国初の空気膜構造による多目的スタジアム・東京ドーム竣工。
竹中錬一会長がデミング賞本賞を受賞。
1989年(平成元) 創立90周年。
1992年(平成4) デミング賞大賞(旧:日本品質管理賞)受賞。「地球環境憲章」制定。
1993年(平成5) わが国初の屋根開閉式多目的スタジアム・福岡ドーム竣工。
竹中技術研究所を千葉ニュータウンに新築移転。
1994年(平成6) リサイクル推進功労者等表彰で、わが国初の内閣総理大臣賞受賞。
1995年(平成7) インターネットに当社ホームページを開設。
第4回地球環境大賞・環境庁長官賞受賞。
阪神大震災被害調査技術報告会を大阪と東京で開催。
1996年(平成8) ISO9001品質システム審査登録証を東京本店が取得。
1997年(平成9) ISO9001品質システム審査登録証を大阪本店が取得。
「竹中eレポート(環境保全活動報告書)」発行開始。
ナゴヤドーム、大阪ドーム、横浜国際総合競技場 竣工。
新国立劇場、東京オペラシティ コンサートホール 柿落し。
1998年(平成10) 東京・大阪両本店が、ISO14001認証取得。
1999年(平成11) 創立100周年。
2001年(平成13) 大分スポーツ公園総合競技場“ビッグアイ”、札幌ドーム、茨城県立カシマサッカースタジアム(増築)が竣工。
スワンナプーム国際空港(タイ)旅客ターミナルビルを受注。
2002年(平成14) 日韓共催サッカーワールドカップが開催、当社が携わった6スタジアムが試合会場となる。
2003年(平成15) 六本木ヒルズ、汐留シオサイト、品川グランドコモンズ、なんばパークス等、都心の大規模開発エリアで、当社施工のプロジェクトが次々と竣工。
2004年(平成16) 東京本店を東京都江東区に新築移転。
2005年(平成17) 東京本店社屋が「CASBEE」(建築物総合環境性能評価システム)で最高ランク「S」評価の認証を取得。
2006年(平成18) 世界一の高さの超高層免震マンション「シティタワー西梅田」、中部地方一の高さの「ミッドランドスクエア」が竣工。
2007年(平成19) 東京都心の新しい大型複合施設「東京ミッドタウン」、「新丸の内ビルディング」が竣工。
2008年(平成20) 世界初の3棟連結超高層集合住宅「アイランドタワースカイクラブ」が竣工。
2009年(平成21) 「三菱一号館」の復元及び「丸の内パークビルディング」が竣工。
2010年(平成22) 環境メッセージ「人と自然をつなぐ」制定。
2013年(平成25) 竹中統一が会長に、宮下正裕が社長に就任。