本文へジャンプ

ダイバーシティ

多様な人材がプロとして社会と接し活躍できる環境、制度づくりを進めています。また、作業所においても、女性技術者・技能者がより活躍できる環境づくりを開始しています。

幅広い人材が活躍できる職場づくり

社会の課題や多様な価値観に応える建築を生み出すためには、幅広い人材が持てる能力を最大限に発揮していかなければなりません。当社では、性別、国籍、年齢、障がいの有無などに関わりなく誰もが働きやすい職場環境の実現を目指しダイバーシティ・マネジメントを推進しています。
近年はこれらの人材の採用に力を入れており、女性については、新卒採用者に占める比率を年々拡大しています。高齢者については、高度な知識・ノウハウをもつ経験豊かな従業員が定年後も活躍できる場を確保するため、雇用継続の義務化に先立ち2004年より再雇用制度を導入しています。障がい者については、2016年6月現在の雇用率が、法定雇用率(2.0%)を超える2.10%となっています。


定年退職者の新規雇用者数及び再雇用率の推移

定年退職者の新規雇用者数及び再雇用率の推移

障がい者雇用率の推移

障がい者雇用率の推移
外国人採用セミナー

外国人採用セミナー

女性の活躍の場を広げる

中でも女性の活躍の場を広げるポジティブ・アクションを優先課題とし、全社推進体制の構築(本社に「ダイバーシティ女性活躍推進G」(現:ダイバーシティ推進G)、全国7支店と連携で「女性活躍推進担当者会」(現:ダイバーシティ推進担当者会)を設置)して活動を展開しています。全従業員にダイバーシティ講座のeラーニングを実施するとともに、経営層によるダイアログと、職場ごとに課題と取り組みを語り合う職場ダイアログにより意識向上を図りました。就業継続とキャリア形成のカギを握るライン長に対する研修や女性従業員への階層別研修も実施し、職場レベルでの女性活躍の実践や職場風土・意識改革に向けて活動を行っています。
女性総合職の活躍の場は設計、施工管理、研究開発そして営業分野へと幅広くなってきています。当社の特色でもある1年間の新社員(総合職新入社員の社内呼称)研修の寮生活から、男性社員と同様に育成していく環境を整備し、ジョブローテーションも同様に実施しています。
また、2010年より従業員区分の再編を行い、地域限定管理職制度を導入しました。地域限定管理職とは、勤務地域を限定した管理職のことで、比較的家庭責任の影響を受けることが多い女性に管理職として活躍の場を拡げることで、優秀な人材の継続雇用に寄与すると考えています。2017年には地域限定管理職8名を含む14名の女性管理職が新たに誕生し、2010年に0.78%であった管理職全体に占める女性の割合は3.1%を上回る見込みです。組織をまとめるライン長としての女性の登用も増えており、建築の最前線である作業所でも、当社初の女性作業所長が誕生しました。
また、女性のキャリア開発のための研修や、仕事と家庭責任の両立を制度面からも支援できる取り組みを進めており、これまでの活動が一定の評価を受けて、「平成23年度均等推進企業部門大阪労働局長優良賞」を受賞し、「平成27年度 新・ダイバーシティ企業100選」としても表彰されました。

ステークホルダー・ダイアログ

ステークホルダー・ダイアログ

女性リーダー育成研修

女性リーダー育成研修


女性役付職比率の推移
新ダイバーシティ企業100選ロゴ

新ダイバーシティ企業100選ロゴ

VOICE

海外支店で経験するダイバーシティ
2年前の赴任当時、私はヨーロッパで初の女性駐在員でしたが、こちらのプロジェクトで接する社内外の人達の中には多くの女性の姿があり、 ヨーロッパでは女性の社会進出が、より一歩進んでいる事を感じます。
ドイツ支店のローカルスタッフにはドイツ人だけでなく世界各地の出身者がいて、例えばある韓国系企業の設計提案に際しては、韓国・ドイツ・ アフガニスタン・スリナム・日本出身のチームメンバーで議論を重ねました。お互いの価値観の違いから容易には理解し合えない難しさに奮闘し ながらも、自ら率先して案を練り上げる努力を続けた結果、先方社長に喜ばれるデザインを作り上げられた時は非常に達成感があり、チームで 喜びを分かち合いました。

ワークライフバランスをテーマに「女性活躍推進フォーラム2017」開催

2017年2月24日(金)、大阪本店において3度目となる「女性活躍推進フォーラム」を開催しました。
約400人が参加した今回は、コンサルタント、アドバイザーとして多くの企業でワークライフバランスやダイバーシティの取組推進をサポートしておられる(株)東レ経営研究所の渥美由喜氏を迎えて、「ワークライフバランスの実践術~今日からあなたができること~」をテーマに実施しました。
講演では、渥美氏自身の経験やコンサルタントとして担当された企業の取り組み事例を数多く紹介していただきました。
これまでの働き方に対する意識改革や誰もが活躍できる職場実現に不可欠な「組織マネジメント」についての具体的行動などを熱く語っていただき、参加者にとって示唆に富んだフォーラムとなりました。この様なフォーラムを通じて、ひとりひとりがワークライフバランスを実現するため、これまでの働き方を見直すきっかけとなるよう「働き方改革」の意識醸成に取組んでいます。


女性が考えた、女性のための疲労軽減ウェア

ダイヤ工業株式会社と共同で開発した建設技能者のための「疲労軽減ウェア“職人DARWING(ダーウィン)”」をベースに、女性特有のニーズを満たし、新たな魅力を付加した「職人DARWING小町」の販売を開始しました。開発に当たっては、竹中工務店・協力会社・メーカーの女性だけによる企画・開発チームが連携し、多くの女性の声を取り入れました。今後は広く、働く女性全般に向けて普及できるよう展開していきます。

けんせつ小町工事チームの取り組み

(一社)日本建設業連合会が建設現場での女性活躍を後押しする取り組みとして創設した登録制度「けんせつ小町工事チーム」に登録し、作業所での環境づくりも進めています。


当社の「けんせつ小町工事チーム」(現在稼働物件)

日建連
登録No.
日建連
登録日
チーム名称
工事名称
リーダー メンバー 活動時期
157 H29.7.14 さくらこまち

横浜市市庁舎移転新築工事
中村 紗綾
建築工事担当
(元請)
工事担当6名、施工図担当1名、
設計担当1名、事務担当2名
H29.2.24
から
H32.5.29
156 H29.7.3 N2W(錦二丁目ウィメン)

(仮称)錦二丁目計画築工事
森 朱希
建築工事担当
(元請)
工事担当3名、施工図担当2名、
事務担当2名
(専門工事業者)
設備サブコン施工図1名、事務担当1名
H28.3.1
から
H30.2.28
154 H29.6.28 夢のアリーナガールズ

(仮称)有明アリーナ(27)
 新築
布施 朋美
建築工事担当
(元請)
工事担当2名、施工図担当4名、
事務担当2名
(専門工事業者)
工事担当3名、事務担当3名
H29.5.1
から
H31.12.9
146 H29.5.31 磯上こまち

(仮称)磯上オフィスビル
 新築工事
諸岡 恭子
事務担当
(元請)
工事担当3名、事務担当2名
(専門工事業者)
設備CADオペ1名
H29.2.1
から
H30.3.31
144 H29.5.18 とよさき みかんGirls

(仮称)大阪市北区豊崎3丁目
 計画新築工事
生島 僚子
工事担当
(元請)
工事担当2名、事務担当2名
(専門工事業者)
鉄筋工1名、電気CADオペ1名
H29.4.1
から
H31.3.22
141 H29.4.14 KGD中野女学院
(KGD=関西外国語大学)


(仮称)学校法人 関西外国語大学 御殿山キャンパス・グローバルタウン 新築工事
氏本 麻菜
工事担当
(元請)
工事担当1名、施工図担当2名、
事務担当1名
(専門工事業者)
設備管理2名
H28.5.2
から
H29.12.31
140 H29.4.11 SICP

(仮称)飯田橋複合施設計画
下田 未来
工事担当
(元請)
工事担当1名、事務担当2名、
CADオペ2名
(専門工事業者)
CADオペ1名、事務担当2名
H28.10.6
から
H30.9.30
85 H28.8.30 ARINKA☆

江東区立(仮称)第二有明
小・中学校新築工事
島田 梨瑛
工事担当
(元請)
工事担当2名、事務担当2名、
CADオペ3名
(専門工事業者)
クリ-ニング工1名、
CADオペ3名
H28.6.1
から
H30.2.28
55 H27.10.5 Koen-Gi(rls)

光塩女子学院1号館
1期新築工事
小早川 泉
工事課長
(元請)
建築担当2名(リーダー除く)、
設備担当1名
事務担当2名、施工図担当1名
(専門工事業者)
設備サブコン施工図 1名
H27.10.1
から
H30.2.28
26 H27.3.30 大手町の森の美女

大手町二丁目地区
第一種市街地再開発A棟
伊藤 杏奈
工事担当
(元請)
工事担当2名、設備担当2名、
施工補助担当3名、
施工図担当6名、
設備・施工図補助2名、
事務担当4名
(専門工事業者)
サブコン工事担当3名、
サブコン施工図担当7名
協力会社5名程度
H27.4.1
から
H30.7.15
2017.10.1現在、けんせつ小町工事チ-ム累計登録件数:19件


けんせつ小町工事チームリーダーの声

磯上こまち

私たちの作業所である(仮称)磯上オフィスビル新築工事は、建築面積2,435.50m2、延床面積22,741.87m2、地上10階、塔屋1階のオフィスビルの新築工事です。設計JV(構造のみ当社)ですが、着工前の段階より作業所長のリーダーシップのもと、生産性向上、省人化工法の作り込みを行ってきました。
けんせつ小町工事チーム“磯上こまち”は、スローガン「ポジティブアクション~未来を拓くチャレンジ~」を掲げて活動しています。活動では、作業所に配属する女性6名(協力会社女性技能者1名を含む)と共に生産性向上を目指し、男女ともに働きやすい環境づくりと働き方改革を推進しています。
おもな取り組みとして行っている「作業所環境改善活動」では、毎月2回、磯上こまちメンバーによる環境巡回を実施し、作業所環境の改善箇所をチェックして、どのようにすれば快適な空間になるかを話し合います。これまでの取り組みとして、殺風景だった個室トイレの内部に世界の風景写真を貼りつけて作業員の気分転換を促し、汚れやすい洗面所周りには整理BOXを取り付け、誰もが清潔に使えるようにし、産廃ヤード付近には産廃ヤード案内図を取りつけて初見でもわかりやすく分別間違いがおこらないようにしました。どの改善事項も小さなことですが、みなさんから「働きやすくなった、過ごしやすくなった」と言っていただけることがメンバーの励みになっています。
また、 「残業・休日出勤の削減」のため、所員の休日取得率80%以上を目標としています。休暇やプレミアムフライデー取得のため「休日取得表」のデータを共有し、各自が休みの希望を入力してそれが実現可能となるよう調整し「帰りやすく、休みやすい」作業所環境を整えています。
こうした活動は事務所内に写真やコメントを添えて掲示=「見える化」することで、メンバーやその他の所員への周知と意識づけを可能にしています。
今後も「いきいきと そして がんばる みんなのこまち」として活動します。
(チームリーダー 諸岡 恭子 )


「ARINKA」

私たちの現場である、江東区立(仮称)第二有明小・中学校新築工事は、延床面積約24,499.93m2の小学校・中学校(連携校)です。
有明北地区の大規模な住宅開発に伴い急増する児童・生徒の収容対策として第二有明小・中学校連携校を整備し、こども達の生活空間(普通教室及び木の回廊)を中心とする校舎の木構造・木質化を試みています。
けんせつ小町工事チーム“ARINKA☆”は女性が働きやすい環境は当然とし、その先を目指した快適空間の創出を心掛けています。
リーダー会の職長さんとも協力しながら作業所の3Kイメージを打破し、普通の職場よりも過ごしやすい空間の試みとして、休憩所や更衣室は和室とし、健康グッズを配置し快適化を図りました。作業服においては各作業員の体形に合った作業着を作成し、女性サイズの導入を試みました。
また、女性社員だけではなく男性社員も快適・健康に業務を行えるよう過ごせるように生活習慣の向上の一環として、(オフィスチェアの見直しを行い、)各作業員の体形にあった椅子や長時間座位作業が多い方々の身体を考慮したオフィスチェアの導入を行いました。
更に竹中職員とリーダー会で花壇や農園をつくり、作業所を緑豊かな環境とし、来場される方々にとっても居心地の良い空間を目指します。
毎月の新聞発行による、職場内活性化を目指して、社員や職人さん方の紹介やアンケート等による職場環境の改善を図っています。
現在は作業所の空気を“明るくさわやかに”を目指して活動中です。(チームリーダー 島田 梨瑛 )

こうしたダイバーシティを念頭においた人材マネジメントや女性活躍を推進する取り組みが評価され、「平成27年度新ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。更に取り組みを強化するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく行動計画を策定し、実践していきます。

ニュースリリース 2016.03.17 「平成27年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

お知らせ 2016.03.25 女性活躍推進法に基づく自主行動計画(第一次)を策定致しました