アンケート 環境保全への貢献
環境省ガイドライン
対応索引
環境テーマ別索引
TOP

当環境報告書は、木材資源の消費を極力削減するという観点から昨年に引き続き本編を電子データ化し、印刷物は最小限にしてその内容紹介の範囲にとどめました。電子データ化により、紙資源の削減量は約470kgで、CO2発生量に換算すると約1t-CO2の削減に相当すると試算されます。また、昨年採用したCD-ROM版は、リサイクル技術がまだ充分確立されていない点等を鑑み取りやめました。


当環境報告書には、2004年1月までの内容を記載していますが、数値データについては2003年度(2003年1月1日〜2003年12月31日)のものです。
記載内容は竹中工務店における環境的側面の活動に関してですが、一部グループ企業の活動についても記述しています。
「竹中eレポート1996」を発行して以来、毎年継続的に発行しています。昨年の「竹中eレポート2003」は2003年8月に発行しました。
発行日:2004年6月(次回は2005年6月発行の予定です)
当環境報告書の作成にあたっては、環境省環境報告書ガイドライン(2003年度版)とGRIガイドライン2002を参考にしました。
当環境報告書の内容の概要を記述した冊子版を発行しています。
主な関連公表資料
(1) 会社案内
(問合せ先:広報部 Tel:03-6810-5140)
(2) 有価証券報告書
(問合せ先:財務室 Tel.:06-6252-1201)
(3) ISO14001 環境方針
(問合せ先:各店 総務部 電話番号は当社のホームページ下記アドレスに掲載しています。)
http://www.takenaka.co.jp/corp/japan/office_list.html
当環境報告書の作成部署及びお問合せ先:
株式会社 竹中工務店 本社(東京) 地球環境室
Tel.:03-6810-5180















表紙デザインへの想い