本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

映画「小名木川物語」の上映会・トークイベント及び写真パネル展示を実施

イベント

2017年6月19日
竹中工務店

竹中工務店は、6月30日(金)、「東陽町インテスホール」(江東区南砂2-5-14)にて、江東区・深川の生活や文化、そしてそこに生きる人々の喪失と再生をテーマにした映画「小名木川物語」(2017年、監督:大西みつぐ、製作:「小名木川物語」製作委員会)の上映会・トークイベントを実施します。
当社は、2015年12月より「TOKYO臨海都市模型」を展示・活用し、臨海部のまちづくりの在り方を行政や専門家、企業、地域の皆様と考え、対話する取り組みを始めています。
今回の上映会は、「まちの名所の再発見」をテーマに、来場した方々と臨海部のまちづくりを考える機会にしていただくことを目的に実施するものです。当日は「小名木川物語」の上映後、大西みつぐ監督と、同作品のプロデューサー・東海亮樹氏によるトークイベントを開催いたします。
また、同日より、映画と関連した写真パネル・都市模型コンテンツの展示を、本店1階のエントランスホール脇にて行います。


映画「小名木川物語」について

「小名木川物語」は、深川で生まれ育った写真家の大西みつぐさんの初監督作品です。深川エリアの地域住民が中心となって出演し、「川のまち」で生きる人々の姿と、臨海部のまちの情景が共に描かれています。 (公式サイト http://onagigawa.com/

小名木川について:小名木川は隅田川から中川まで江東区を横切る一級河川。江戸時代に徳川家康が、行徳の塩をはじめ、諸国の物資を運ぶため小名木四郎兵衛(おなぎしろべえ)に命じて開削させたと言われ、江戸の発展や深川エリアの形成に寄与しました。

大西みつぐ監督プロフィール

1952年東京深川生まれ。74年東京綜合写真専門学校卒業。85年「河口の町」で第22回太陽賞受賞。93年「遠い夏」ほかで第18回木村伊兵衛写真賞受賞。2017年「川の流れる町で」ほかで日本写真協会賞作家賞受賞。現在日本写真家協会会員、ニッコールクラブ顧問、大阪芸術大学客員教授。写真展に、「横丁曲ればワンダーランド」「周縁の町から」「東京小夜曲」「路上の温度計」(ニコンサロン)など他多数。


上映会・トークイベント開催概要および申込方法

日程 6月30日(金)
上映会・トークイベント  15時00分~17時15分(開場 14時30分~)
会場 東陽町インテス2階「東陽町インテスホール」(江東区南砂2-5-14)
定員 110名 ※予約先着順となりますのでご了承ください。
料金 無料
(入場料はございませんが、現在、「小名木川物語」の国際映画祭出品のための寄付金を募っており、寄付金箱を設置させて頂きます。)
ご予約・お問合せ 「小名木川物語」製作委員会 
電話:090-7247‐7488(10時~19時)
メール:Onagigawa.monogatari@gmail.com

本件に併せた企画展示の実施

竹中工務店東京本店一階ホールにて、大西みつぐ監督の写真を展示し、映画のロケ地と絡めたお散歩マップを制作・配布します。
(日程:6月30日(金)~7月20日(木))


会場案内図

会場案内図