本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap
建築作品

 :設計関与(設計施工/設計/共同設計/設計協力)を示す

明治薬科大学総合教育研究棟フロネシス

  • 設計施工
2009 東京

コミュニケーションを誘発するゲート

薬学部の6年制移行に伴い、教育環境の向上を狙った教育施設である。既存キャンパスの素材とデザインを継承しながら、キャンパスのモールと呼応するゲートとして配することで、コミュニケーションを誘発する新たな風景を創出している。モールと連続感をもつ施設構成とすることにより、講義室、ラウンジ、実習室といった諸室が連携し、教育や学生生活、生涯学習等の開催における情報発信の機能を高めている。架構には外周設備シャフトを備えた大スパンのPRC大梁を採用し、施設のレイアウトの自由度と将来の可変性を確保しています。新しいカリキュラムに対応した実習エリアは、薬剤師に期待される実践知(フロネシス)の育成にふさわしい、透明性と緊張感をたたえた教育空間となっている。

設計施工 竹中工務店
延床面積 4,799㎡
構造/規模 鉄筋コンクリート造/地上3階
雑誌掲載 ディテール No.181
DESIGN WORKS vol.13