本文へジャンプ

中温エコ空調システム

環境にやさしく快適で経済的な空調システムです。

中温対応の熱源機、表面温度を20℃ 前後に保つ天井放射パネル、パーソナル気流ユニットなどを組み合わせたシステムです。室温に近い冷水、温水を用いて空調を行うため、冷熱・温熱をつくる熱源機の効率向上や自然エネルギーの利用により空調エネルギーを大幅に低減することができます。今後のZEBの実現にも寄与します。

中温エコ空調とは

現在、オフィスビルなどで広く採用されている空調システムは、室温を22~26℃に保つため、夏には7℃以下の冷水、冬には45℃以上の温水を作り、空調の吹出口から冷風や温風を吹出すことによって空調を行っています。 このような常識となっている空調の考え方の転換を図り、室温により近い温度(中温)の冷水や温水でも快適な空調を実現しました。 中温ですので地中熱やフリークーリングなど自然エネルギーを有効に活用できます。

中温エコ空調システムの要素技術

天井パネルの温度を調整することによる放射空調、個人の好みに応じて気流を調整するパーソナル吹出口、高効率な中温対応熱源、湿度を調整するデシカント空調などで構成されています

空気式放射パネル

天井面をパンチングメタルまたは膜で構成することにより、放射空調と染み出しによる柔らかい対流空調を実現します。

アクティブチルドビーム

中温水を供給して放射空調を行うと共に、誘引空気による対流で熱交換を促すことで空調能力を増大させます。

パーソナル気流ユニット

放射空調と組み合わせることにより、個人の好みに応じたより快適な環境を提供します

デシカント空調機

デシカント空調とは、温度と湿度を分離制御する省エネ型の空調システムです。 冷凍機や冷水を用いる従来の空調システムでは、湿度を下げるために空気を過冷却した後、再熱する方式がとられています。 しかし、このやり方では無駄なエネルギーを消費してしまううえに、外気の変化などに柔軟に対応できません。 デシカント空調機は、吸湿したモジュールをヒートポンプの排熱や太陽熱などを利用して放湿させるため、省エネで快適性の高い低湿度空間を実現します。

中温エコ空調システムの事例

中温による空調は放射を主体としたシステムが最適です。豊富な実績からニーズに合わせたさまざまな放射空調をご提供します。