本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

シンガポールで高さ245mオフィスビル「Market Street Tower(仮)」新築工事受注

~ダブルスキン・外装緑化を織り交ぜた高い意匠性と最高峰の環境性能を実現~

リリース
2012年2月6日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:竹中統一)は、シンガポールのビジネス中心地区ラッフルズプレイスにおける高さ245m・40階建て超高層オフィスビル「Market Street Tower(仮)」新築工事競争入札に応札し、受注しました。建築主は、地元最大大手ディベロッパーのCapitaLandと三菱地所株式会社で設立したSPC (Market Street Office Trustee Pte Ltd)です。設計・監理は、伊東豊雄建築設計事務所並びにRSP Architectsが担当します。当社の受注金額は約250億円、契約工期は2012年1月1日~2014年8月23日の約32カ月です。

■プロジェクト概要

超高層ビルが立ち並ぶシンガポールのビジネス街ラッフルズプレイスにおける、高さ245m・40階建ての超高層オフィスビル 「Market Street Tower(仮)」新築工事。シンガポール特有の地盤層「Marine Clay(マリン クレイ)」に、高い技術力で対応 しつつ、建設予定地の地下を縦横に走る地下鉄に留意しながら工事を実施します。
ビルには外装緑化や「クールボイド」(吹き抜け)による自然換気、「ダブルスキン」による熱効率向上などの環境配慮技術 を多数使って高い環境性能を実現した結果、シンガポールで最高峰の省エネ指標「Green Mark Platinum」を目指します。 本プロジェクトでは、高い意匠性と最高峰の環境性能を実現するため、3次元設計図BIMを活用して工事を進めます。

完成予想パース図

完成予想パース図

■建築概要

建築主 Market Street Office Trustee Pte Ltd
建築地 146 Market Street, Singapore
建築面積/延床面積 5478㎡/92385㎡
建物用途 オフィス
構造/階層 RC造(一部SRC造) 地下梁S造/地上40階(高さ245m)、地下3階
設計・監理 伊東豊雄建築設計事務所
RSP Architects (実施設計:竹中工務店)
施工 竹中工務店
工期予定 2012年1月~2014年8月