本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

飛来・歩行虫の侵入を防ぐ搬出入口の防虫設備「バグシールド」開発

~飛来虫・歩行虫の2大侵入虫を風の力で強力防除~

リリース

2013年7月10日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、医薬品・食品製造工場など特に害虫管理の必要性が高い施設での防虫対策として、搬出入口の防虫設備「バグシールド」を日本エアーテック株式会社(社長:平沢真也)と共同で開発しました。新築・既存建物を問わず適用可能で、建物の出入口、特に搬出入口などの大型開口部に設置して効果を発揮します。
当社技術研究所(千葉県印西市)で行った実証実験では、飛来虫に対し一般的な粘着テープ式捕虫機と比較して約10倍の捕虫効果、また歩行虫にはシャッターの下端コーナーから強い風を吹き出すことにより虫の侵入を100%阻止(シャッター閉鎖時)しました。

外観

バグシールド 外観

「バグシールド」は、シートシャッターに防虫機能を付加する設備で、開口部の高さにあわせた当社開発の「バグキーパー」※1を左右に内蔵して飛来虫を捕獲しつつ、シャッター部分では歩行虫の侵入も防ぎます。シートシャッターの弱点であるシート下端の左右隅の隙間部分から侵入してくる歩行虫に対しては、飛来虫を捕獲する際に吸い込んだ空気を、シートの屋内側から屋外側に向けて排気することで吹き飛ばし、侵入を防ぎます。
代表的な歩行虫(アリ類(クロヤマアリ)、ワラジムシ類(オカダンゴムシ))を用いた実証実験では、シャッター閉鎖時(シャッター下端の左右隅に1cmの高さのある木片を挟み、虫がより通過しやすくした)の侵入阻止率は100%でした。
現在はシートシャッターとの一体型として製品化していますが、今後は、既存シートシャッターへの後付や金属シャッターにも対応していきます。

吹出部

吹出部

※1 バグキーパー
誘虫用蛍光灯から照射する紫外線で集めた虫をファンの力で吸い捕るもので、ハエ類を主とする飛来虫に有効。

当社では人や環境に優しい防虫技術の開発を進めるため、IPM(総合的病害虫管理)※2の考え方を取り入れています。本機にもIPMの考え方を取り入れており、薬剤を使用することがないため、捕獲した虫の処分や誘虫用蛍光灯の交換などのメンテナンスも安全・容易に行うことを可能にしました。

※2 IPM(Integrated Pest Management)
薬剤の使用を極力おさえ、害虫の生息数を許容できる範囲内に抑制する、衛生的環境の維持管理手法。

なお、本年7月10日~7月12日に東京ビッグサイトで開催されるアジア最大の医療品・化粧品・洗剤の研究開発・製造技術国際展「第26回 インターフェックス ジャパン」に本「バグシールド」のモデル機を出展します。

関連ソリューション(課題ニーズ)

関連ソリューション(建物種別)