本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

基礎工事を工期短縮できる「竹中コンパクトパイルキャップ」の開発

~和歌山市活性化計画(第1期工事)オフィス棟に採用~

リリース

2016年11月28日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、基礎工事において鉄筋工事、型枠工事を不要とする基礎工法「竹中コンパクトパイルキャップ」を開発しました。(特許および商標登録出願済み)
「竹中コンパクトパイルキャップ」とは、従来鉄筋コンクリート造で構築していた杭頭部基礎フーチングを鋼管コンクリート造にて構築するものです。

図1 竹中コンパクトパイルキャップの概要

図1 竹中コンパクトパイルキャップの概要


本工法の最大のメリットは、基礎工事において配筋工事、型枠工事が不要となるため、工期短縮を実現できる点にあります。
従来の基礎工事は、杭頭補強筋、梁配筋、基礎配筋が重なるため配筋工事が煩雑であり、その上で型枠工事を経てコンクリートを打設するという工程を要していました。本工法と鉄骨基礎梁工法を組み合わせることで、基礎工事から鉄筋と型枠が不要となり、杭打設⇒鉄骨建方⇒コンクリート打設の3ステップのみで施工が可能となります(図2)。建設中の和歌山市活性化計画(第1期工事)オフィス棟では、本工法を採用することにより、土間コンクリート打設からフーチングコンクリート打設までの基礎工事において約50%の工期短縮を実現しました。

図2 竹中コンパクトパイルキャップの施工手順

図2 竹中コンパクトパイルキャップの施工手順



鋼管コンクリート造である「竹中コンパクトパイルキャップ」は従来の鉄筋コンクリート造基礎と比較し、粘り強く耐震性能が高いため、サイズをコンパクトにすることが出来ます。これにより、主に最下階の柱周囲において、より自由なプランニングが可能となりました。

図3 最下階柱周囲 ピットとの納まり比較

図3 最下階柱周囲 ピットとの納まり比較



今回は鉄骨基礎梁を適用しましたが、今後は鉄筋コンクリート造基礎梁に対しても適用範囲を広げるべく全社的に開発し、本工法を推進していく予定です。(図4)。

図4 鉄筋コンクリート基礎梁+竹中コンパクトパイルキャップ

図4 鉄筋コンクリート基礎梁+竹中コンパクトパイルキャップ



設置した竹中コンパクトパイルキャップ

設置した竹中コンパクトパイルキャップ

基礎躯体施工状況写真

基礎躯体施工状況写真

図5 施工状況写真



完成予想パース

完成予想パース

建物名称 和歌山市駅活性化計画(第1期工事)オフィス棟
建築主 南海電気鉄道株式会社
建物用途 事務所
階数 地上7階・搭屋1階
建物高さ 33.48m
延床面積 6210.55m2
設計・監理 株式会社竹中工務店
施工 株式会社竹中工務店・南海辰村建設共同企業体
竣工予定年月日 2017.3.15