本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

RC柱とCFT柱を一体化する接合工法「iRSシステム」を開発

~「国分寺駅北口再開発事業」に初適用し超高層複合用途建築を実現~

リリース

2018年1月29日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、高層部をRC造、低層部をS造(柱CFT・梁S)の混構造を可能にする接合工法、「iRS※システム」(特許申請済)を開発しました。当システムを「国分寺駅北口再開発事業」の西街区棟に初適用し、超高層集合住宅と柱間隔を広く取った自由通路を持つ商業施設からなる複合用途建築を実現しました。
※iRS:(integrate RC and Steel)
近年、都心部の再開発では高層部に集合住宅、低層部に商業施設あるいは事務所といった複合用途建築のニーズが増加傾向にあります。しかし、一般的に集合住宅では遮音性など居住性確保に優れたRC造が適しており、柱間隔が比較的狭くなる一方で、商業施設や事務所ではスペース確保による快適性向上のため、柱間隔を広く取ることのできるS造が適しており、その両立に課題がありました。
本工法を採用することで最適な構造種別を選択でき、高層部の居住性と低層部の空間の自由度を両立する混構造が可能になりました。西街区棟の自由通路においては、当システム適用と高強度のCFTにより柱の本数を2割削減し、まちに開かれた空間を実現しました。

「国分寺駅北口再開発事業」の完成イメージ

「国分寺駅北口再開発事業」の完成イメージ


「iRSシステム」を適用した場合

「iRSシステム」を適用した場合

「iRSシステム」を適用しない場合

「iRSシステム」を適用しない場合

西街区棟の自由通路のイメージ


「iRSシステム」の概要

これまで、RC柱とCFT柱を一体化する場合、間にSRC柱を介す必要がありました。今回開発した「iRSシステム」は、RC柱主筋先端の定着板とCFTの鋼管内部のリブを活用し、地震時に発生する引抜き力に効率的に抵抗することで、RC柱とCFT柱を直接一体化することを可能にするシステムです。(図-1)。抜出し防止筋を配することで更にRC柱の引き抜き力への抵抗力を強め、想定外の地震に対する安全性も確保することができます。
また、このシステムは、RC柱の下にCFTブレースを有する架構や柱抜け架構にも適用が可能です(図-2)。

建物概要

建物名称 国分寺駅前再開発事業 西街区棟
建築主 住友不動産(株) (特定建築者)
用途 分譲共同住宅(6~36階)
商業施設(B1~5階)
駐車場(B3~B2階)
建築地 東京都国分寺市
構造 高層部RC造、低層部S造(柱CFT梁S)
規模 地下3階 地上36階 搭屋2階
延床面積 57,442.96m2
建物高さ 軒高134.37m 最高高さ134.97m
設計・施工 株式会社竹中工務店
工期 2015年7月~2018年3月
図-3 工事状況

図-3 工事状況