本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

超高層集合住宅に最適の制振構造「THE制振 ダブル心柱」を開発

リリース

2018年2月26日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、超高層集合住宅に最適な制振構造「THE制振 ダブル心柱」(特許出願済み THE:Takenaka High-grade Earthquake resistant systemの略称。THE制振は商標登録出願済み)を開発しました。
本システムは2つの「心柱」と「制振層」からなる全く新しいタイプの制振構造で、一般の耐震構造の建物に比べて住居部分にかかる地震の力を最大50%程度低減します。超高層集合住宅の内部の立体駐車場の壁を下部心柱とし、立体駐車場の上部空間に上部心柱を設け、2つの心柱の大きな変形差を制振層でエネルギー吸収することで、住居部分の柱・梁等の損傷を抑えます。また、住戸部分に耐震壁やブレースが不要となることから、自由度の高い住居レイアウトが可能となります。
免震構造で必要とされる大きな変形クリアランスを確保しにくい敷地や、狭小敷地における建物の超高層化(高アスペクト比)にも適用可能です。また、長周期地震動が懸念される地域なども含め、安心・安全を求める幅広いお客様のご期待に応えてまいります。



THE制振ダブル心柱システムは、法律で規定される大地震を超える巨大地震に対する安全性の検討を行い、一般の耐震構造に比べて、1ランク上の耐震性能を確保します。


THE制振ダブル心柱システムは、構造体が吸収するエネルギーの約1/2を制振層のダンパーが吸収し、住居部分の柱・梁は修補不要な健全な状態が保たれるとともに、上階での加速度が約30%軽減され、家具什器の転倒を防ぎます。


制振層のダンパーは、変形の大きさに併せて、一般のオイルダンパーから当社開発の世界最大規模の大減衰力ダンパーであるサイポッド®(特許出願済み)や、長周期地震等の繰り返し変形に強いFMS合金ダンパー等様々ダンパーを組み合わせ、最適な制振設計が可能です。制振層にダンパーを少数集中配置することで、制振装置のライフサイクルコストを低減することができます。

サイポッド:一般的なダンパーの3倍(6000KN)の減衰力

サイポッド:一般的なダンパーの3倍(6000KN)の減衰力

FMS合金制振ダンパー

FMS合金制振ダンパー