本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

吊り下げ式免震構造を採用した「手術エリア免震システム」を開発

~地震時の手術室・器材室の損傷を防ぎ、医療継続を可能にする~

リリース

2018年3月8日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長・宮下正裕)は、天井内蔵型の免震装置を介して手術エリア(手術室・器材室)を一体的に吊り下げ、床・壁・天井すべてを免震化する「手術エリア免震システム」を開発しました。地震時の手術エリアの健全性を確保することで、地震直後からの医療継続を可能にします。

これまで病院の手術エリアを免震化するには、建物全体の免震化、もしくは各部屋の床のみを免震化する方法が一般的でした。後者では壁や天井の動きと一体的に制御できないことから、部屋の外周部床上の医療機器や器材が壁にぶつかり転倒・破損することを防ぐために外周部には物が置けず部屋全体を有効活用できませんでした。また構造上、壁と床の間に隙間が生じるため、手術室の清浄度や気密性を損なうという課題もありました。
このたび開発した吊り下げ式の「手術エリア免震システム」は、手術エリアの床だけでなく壁・天井のすべてを一体的に免震化することで室内全体の地震被害や医療機器の損傷を防ぎ、器材室などの必要諸室も守ることによって地震直後から早急な手術や医療提供の継続を可能にします。免震装置を天井内スペースに設置するため床段差が小さく抑えられ、一体構造により手術室の清浄度や気密性も確保できます。(特許出願済)


手術エリア免震システム断面パース

手術エリア免震システム断面パース

本システムの概要

手術エリア(手術室および器材室)の床・壁・天井を一体的なフレーム構造として、天井部の空間に設置する免震装置を介して吊り下げる構造形式です。
地震時には免震装置の働きにより手術エリアに伝わる地震力を大きく低減し、床・壁・天井を一体的な空間として守ります。

本システムの特長

地震時に手術エリアの室内被害を防ぎます
床・壁・天井を一体的に揺れから守り、医療機器等の転倒・破損を防ぐことで地震直後からの手術や医療提供の継続を可能にします。

平常時も高い気密性・清浄度を確保し、手術室全体を有効に活用できます
床のみの免震に比べ、高い気密性・清浄度を確保するとともに、床の揺れ幅を気にせず部屋の外周部にも医療機器などを置いて全体のスペースを有効利用できます。

ローコスト・短工期で簡単に導入でき、フレキシブルに利用できます
建物全体の免震化と比較して大幅にコストを低減できます。また導入工事も容易で、既存施設でも診療活動への影響が少なく、改修工事や将来的なエリア拡充での適用も可能です。

小さな床段差でスムーズに導入できます
免震対象エリア外との床段差を180mm程度に抑えます。既存手術室の改修工事においてもスロープ等でスムーズなアプローチができます。


これまでの大規模な地震災害では、天井や仕上げ材の損傷や医療機器の転倒などによる機能的な損害が医療提供の継続に大きな支障を与えた事例が報告されています。大規模病院では建物全体の免震化が進んでいますが、今後、中規模病院の新築工事や既存建物の改修における手術エリアなどの免震化を支援し、さらなるBCP対策の強化を進めていきます。また、クリーンルームなど気密性の維持が必要なその他の施設の免震化に向けても、本システムの展開を目指していきます。