本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

「竹中コーポレートレポート2018」の発行

~サステナブル社会の実現を目指す竹中グループの取り組みを紹介~

リリース

2018年4月4日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、この度「竹中コーポレートレポート2018」(冊子・Web)を発行しました。
「竹中コーポレートレポート2018」は、竹中グループのグループCSRビジョンを示すとともに、グループ・グローバルな展開を行う当社の事業活動全体をステークホルダーの皆様にご理解いただくことを目的に発行するものです。本年から、従来のステークホルダーごとの取り組み紹介に代わり、サステナブル社会の実現に向けた「共通価値課題」に対する当社およびグループ会社の各取り組みを紹介しています。

当レポートでは、サステナブル社会を目指す当社の象徴的な活動として、以下を「特集」に取り上げています。

「脱炭素モデルタウン」構築を目指したエネルギーマネジメント
低炭素社会を超える“脱炭素社会”を目指し、そこで必要となる次世代エネルギーマネジメントの確立に向けて、当社が取り組む総合的な技術実証について紹介。
「震災復興」~「まち」とともに歩む~
東日本大震災から7年が経過し、被災地の復興に向けて当社が行う復興支援事業と「まちづくり教育」など、地域に根ざした「まちづくり」活動を紹介。
想いをかたちに 未来へつなぐ「働き方改革」
少子高齢化の進む中で、未来につづく魅力ある建設業を目指して、当社が取り組む「魅力ある働き方」への働き方改革について紹介。

また、世界的な潮流である「SDGs」の目標達成に貢献するために、「CSR活動計画」にSDGsの視点を織り込み、グループ会社と一体となった企業活動(事業・非事業)を通じて、その実現を目指す取り組みを紹介しています。

当レポートは冊子のほかに、Web版を当社ホームページに掲載しています。
URL:http:// www.takenaka.co.jp/enviro/es_report/index.html

竹中コーポレートレポート2018

竹中コーポレートレポート2018
CONTENTS
トップメッセージ
会社・グループ概要
グループCSRビジョン
竹中のこれまでと、これから
グループ成長戦略
特集
 1.「脱炭素モデルタウン」構築を目指したエネルギーマネジメント
 2.「震災復興」~「まち」とともに歩む~
 3.想いをかたちに 未来へつなぐ「働き方改革」
事業活動
 建築―お客様の想いをかたちに
 海外―お客様のグローバルな展開をサポートする
 開発―まちづくりで新たな価値を創造する
 エンジニアリング―お客様の課題に最適なソリューションを
 技術開発―技術で未来を拓く
 グループ―国内主要グループ会社の事業活動
CSR活動計画―2017年実績と2018年の目標
 持続可能なまちづくり・社会システムの構築
 持続可能な成長
 公正な企業活動
 パートナーシップによる目標の達成
 コーポレート・ガバナンス
 第三者からの提言
財務・非財務ハイライト