本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

モバイル端末による高所作業車のリアルタイム予約管理アプリ「高車予約」を開発

~高所作業車の予約・配車・返却にかかる手間を削減~

リリース

2018年4月10日
株式会社竹中工務店

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、建築工事における高所作業車の予約管理をモバイル端末で簡単に実行できる予約管理アプリ「高車予約」(特許出願済)を開発しました。2016年に開発した『位置プラス®探(たん)』※1と組み合わせることで、高所作業車の位置情報と予約状況がリアルタイムで確認でき、元請、協力会社、レンタル会社それぞれの作業手間が削減できます。

建築工事では、元請がレンタル会社から工事に必要な量の高所作業車を一括で借受け、日々の作業に応じて協力会社に個別に貸出していますが、その管理に手間がかかっています。これまでは、予約や貸出しの管理をホワイトボードや紙の帳簿に手書きで行っていました。この方式では、協力会社の利用者がホワイトボードや貸出帳簿を管理している休憩所や元請の事務所まで移動して、高所作業車の利用予定を入力・確認する手間がかかります。本アプリを利用することで、iPad等のモバイル端末上で、高所作業車の利用・予約状況をリスト形式で閲覧することができるため、瞬時の確認が可能になります。また『位置プラス探(たん)』の位置認識手法を活用することにより、作業場所の近くにある高所作業車をマップ上からも予約できます。これにより作業前に遠くにある高所作業車を作業場所まで移動させる時間を削減できるようになります。

『位置プラス探(たん)』
http://www.takenaka.co.jp/news/2016/02/01/index.html

本アプリの特長

全高所作業車の予約の入力・確認をリストからもマップからも行えます
通信プロトコルにMQTTを採用することで、ユーザーがワンタップするだけで予約状況が他の全利用端末へ瞬時に反映されます
複数業者で共有するスポット車と単独の業者で専有する専有車とを分けて管理できます
専有車であっても使わない時間帯を「空」として他職種が使えるようにできるため、稼働率を高める運用が可能です
予約状況は全てデータベースに保存されるため、利用率の低い高所作業車を特定できます
現場内と高所作業車にビーコンを設置することで、位置認識が可能となります
高車予約アプリ概要
予約画面

実プロジェクトでの検証・評価

大学新築工事作業所において本アプリを一部の職種で試適用しました。当作業所では休憩所に設置したホワイトボードで高所作業車の予約を管理していました。高所作業車を利用する際には、約20職種が毎日最大25分程度かけてホワイトボードまでの往復と予約・確認作業を行っていましたが、本アプリの導入によりモバイル端末から瞬時に確認できるようになりました。またマップ形式の予約画面から、作業場所の近くにある高所作業車を予約できるため、遠くにある高所作業車を作業場所まで移動する時間を削減できました。使用感としては、簡単な操作性や作業所内の高所作業車全数を確認できる一覧性が好評でした。

今後の展望

本アプリを作業所の全職種に適用すれば、元請は予約率や貸出実績をデータとして把握できるようになり、管理効率が向上します。また、レンタル会社にとっても、作業所への高所作業車の納車・引取り作業の効率化が図れると期待しています。