最高のメンバーたちと一緒に、「竹中工務店でしかできない」作品を

建築施工山下 怜士

大阪本店 GLP吹田プロジェクト作業所
2016年入社 工学研究科建築学専攻

SCROLL

夢のはじまり

就職活動の時期に竹中工務店のインターンシップに参加したことが、夢の始まりのように思います。学生で何もわからないうえに、入社するかもわからない私に対して社員の皆さんは、本当に丁寧に仕事やその意味を教えてくれました。竹中工務店の魅力が人であることに気づき、「この人たちと一緒に働きたい。一緒に作品を生み出したい」と思った出来事でした。

現在

竹中工務店の魅力は、何と言っても“人”です。日々を寮でともに過ごす同期は、支え合える仲間であり、一番身近なライバル。先輩や上司は何でも気軽に相談に乗ってくれ、丁寧に仕事を教えてくれます。さらに、協力会社の皆さんまでが一緒になり、私たち若手を育てよう、「竹中の仕事ぶり」を伝えようとしてくれているのです。そういったメンバーと一緒に仕事をすること自体が、私にとっては幸せな時間です。だから、もっと自分自身を成長させて、本当の意味で、メンバーの一員になりたい。最高の仲間と切磋琢磨し、協力し合えば、おのずと竹中工務店でしかできない最高の作品を生み出すことができるはず。ほかの誰かとではなく、「このメンバーで造り上げたんだ」と胸を張れる仕事の一員になることが、私の夢です。

GLP 吹田プロジェクト

夢をつなぐ

現在、物流施設で建築施工の仕事を担当しています。このプロジェクトでは、コンクリート工事において非常に高度な工法を採用し高品質施工に取り組んでいます。施工方法も高度なら、施工前の準備から施工後の養生まで、ノウハウも竹中ならではのこだわりが詰め込まれています。これからはものづくりに対する姿勢を学び、しっかりと吸収し、今後自分が作業所の中核となり引っ張っていく力を身につけることが夢に向かったステップだと考えています。またいつも笑顔で接することを心掛けています。そうすることでコミュニケーションが活発となり、周囲との信頼関係を築くことで責任感が生まれ、結果として自分の成長につながっていくから。笑顔でいることが、私の夢へのアプローチです。