社員紹介

プロフェッショナル集団の仕事をサポート。
周囲に貢献でき、喜んでもらえることがやりがいに。

総務・人事
近藤 春菜(2011年入社)

PERSON

0106

あなたの仕事への「想い」を表す言葉とは

仕事をしながら日々、学ぶことばかりです。入社当時は失敗も多く、業務をこなすことに必死の毎日でした。しかし、だんだんとその失敗から学び、わからないことが理解できるようになることで、周りの皆さんや会社に貢献できるようになると感じました。何より自分の成長を実感することができたのです。これからも、「失敗は成功のもと」で前向きに頑張っていきたいです。

0206

現在の仕事(取材当時)

FMとはファシリティマネジメントのことをいいます。FM部は、お客様への建物の引渡し以降に、継続的なアフターサービスの実施やリニューアル提案を行っている部署です。私の仕事は大きく2つあり、主に部内の管理と諸口工事業務を行なっています。部内の管理とは、予算の管理と備品発注、部員の出張手配など、社員のスムーズな業務を支える仕事です。諸口工事業務は、建物の定期点検や長期修繕計画作成など、工事の収益を管理する仕事です。また、工事にともなってお客様や協力会社との間に発生する、契約や精算などの事務的な処理も担当しています。FM部の仕事は、創り上げたものを良好な状態に維持し、さらにお客様や周囲の環境にとってより良いものにするための提案を行うことで、お客様との信頼関係をより一層深めることができる重要な役割を担っていると感じます。

1日のスケジュール

8:30 出社
9:00 メールチェック・郵送物の確認・配付
10:00 備品・名刺発注
11:00 諸口工事業務
12:00 昼休み
13:00 出納チェック
14:00 協力会社対応
16:00 お客様への書類発送作業
17:30 退社

0306

仕事の「魅力」と「やりがい」

FM部員の皆さんは、設備や建築の経験豊富なプロフェッショナル集団です。そのため、社内の様々な部署やFMセンターの方々が相談にいらっしゃいます。私の役割は、そういった中で皆さんが気持ちよくスムーズに業務を進めることができるように部署の環境を整えること。魅力は、自分の担当業務をきちんと遂行することで部署の一員として貢献できることです。部員の皆さんから「ありがとう。助かるよ」と声をかけてもらったり、お客様や協力会社の方々から事務処理などのやりとりを通じて頼りにしてもらえたりすることが私自身のやりがいにつながっています。

0406

竹中工務店を志望した理由

中学生の頃からバスケットボールをしており、ひとつの目標に向かってみんながそれぞれの役割を果たして努力していくことが好きでした。就職活動では特に業種を絞らず、そういった軸を持ってさまざまな企業の面接を受けました。しかし行き詰まってしまい、そんなときに、ふらりと一人で出掛けた先が金沢21世紀美術館でした。この建物や雰囲気に癒され、その施工会社である竹中工務店を知りました。興味を持って調べていくと、建設業は、ひとつの大きな建物を社員みんなで力を合わせて創り上げているということがわかりました。それは、まさに自分の持っていた軸にマッチするものでした。さらに、竹中工務店の頑固とも思えるほどの古き良きこだわりを魅力に感じ、当社を選びました。会社の魅力は、その会社の生み出すものに大きく影響するものなのだなと感じました。

0506

将来の夢

今後は、FM部で自分の担当する業務をさらに深く理解し、人件費や外注費などの工事にともなう費用と利益の管理業務をスムーズに行えるようにすることが目標です。資格取得の勉強を続けて、専門知識を習得し、担当者として的確な判断ができるようになりたいです。また、今までの業務経験を生かして、他の部署の仕事へも挑戦していきたいです。

0606

学生の皆さんへのメッセージ

「この職業に就きたい!」と思って就職活動している人は少ないと思います。でもそれはとても自然なことだと思います。そういう思いがなくても何か大きな目標に向かって、それぞれが自分の力を十分に発揮し、力を合わせて努力していくことに達成感を感じる人は建設業に向いていると思います。現に私はこの会社に入り、プロフェッショナルともいえる集団の中で少しでも自分も役立てていることをとても誇りに感じます。自分の「なんとなく好きだなあ」という想いにアンテナを張って追求していくことで自分の魅力も会社の魅力も発見できるはずです。それを発見することが自分にとっての働くやりがいにもつながると思うので、最後まであきらめずに進んでください。

最終学歴・経歴(取材当時)

【 最終学歴 】 経営学部 経営学科
【 勤  務 】 名古屋支店FM部企画管理グループ
【 経  歴 】
2011年 4月 入社 営業部情報企画グループ
2014年 4月 FM部 企画管理グループ