社員紹介

竣工に向けて日に日に全貌を現していく建物。
手に取るようにわかる変化が、たまらなくおもしろい。

建築施工管理
榊原 かんな(2010年入社)

PERSON

0106

あなたの仕事への「想い」を表す言葉とは

目に見えて建物ができていくことがおもしろいし、年々できること・わかることが増えていくので、楽しいです。今後は自分の裁量範囲が増えていくだろうから、また違った楽しさが出てくると思います。あと、いろんな人と話し合いながら仕事を進めていくのが刺激的でおもしろいです。

0206

現在の仕事(取材当時)

建築主・設計事務所との打合せや、各協力会社と打ち合わせをし、実際に設計図を具体化する仕事をしています。計画だけでなく、現地で工事の進捗を管理し、品質の良いものを作っているか確認をして歩きます。もし手直しが必要なところがあれば、作業員に是正指示をします。

1日のスケジュール

7:00 出社
8:00 朝礼・現場巡回
10:00 打合せ
12:00 昼食
13:00 現場巡回・打合せ
17:00 書類作成など事務仕事

0306

仕事の「魅力」と「やりがい」

いろんなひとと「より良い方法」を模索して、「より良いもの」を作っていく過程が楽しいです。
あと、単純に日々の進捗が目に見えること。毎日作業が竣工に向けて進んでいくのが目に見えるので、自分の計画の成果が早くわかるのがおもしろいです。

0406

竹中工務店を志望した理由

会社説明会のとき、「仕事が楽しいんだろうなぁ」という雰囲気の人が先輩社員として来てくれていたのを見て。
施工管理の仕事がしたいと考えて就職活動をしていて、大きな建物を建てれるところがいいと思っていたので。スーパーゼネコンしかできない大規模物件に関わりたいという気持ちが強かったので。

0506

将来の夢

作業所長になること。いまはまだ知識や経験が不足しているので、周囲に助けていただいてばかりですが、きちんと自分で考えて良い方向にひっぱっていける所長になりたいです。

0606

学生の皆さんへのメッセージ

ゼネコンの仕事は家族や友人など、普段働いているところを見せることがない人にも、仕事の成果を見てもらうことができます。ものづくりという意味でも、とても大きいものを作るので、やりがいがあります。運が良ければ、地図にも教科書にも残ります。関わっている人も多くて、おもしろい人にたくさん出会えます。
楽しく働けることが一番だと思うので、実際に働いている人の話を聞いてみて、「いいな」と思う仕事を探してください。

最終学歴・経歴(取材当時)

【 最終学歴 】 工学部 環境システム工学科
【 研究内容 】 490N/mm2級せん断補強筋を用いた梁の構造性能について
【 勤  務 】 (仮称)ジェンダー・フリー・ライブラリー新築工事
【 経  歴 】
2010年 4月 大阪本店設計部構造→調達部→A2作業所
2011年 4月 名古屋支店技術部
2012年 8月 CTC作業所
2014年 12月 AREA86作業所
2015年 11月 名駅南4丁目作業所
2016年 1月 生産統括部技術G
11月 (仮称)ジェンダー・リサーチ・ライブラリー作業所