社員紹介

社内外の橋渡し役としてチームをけん引。
全員で一つのベクトルを目指す一体感が魅力。

営業
山田 悠太(2009年入社)

PERSON

0106

あなたの仕事への「想い」を表す言葉とは

仕事を進めていく上で様々な問題や悩みが存在しますが、こういった課題に対して自分の考えや周囲の意見をもとに、まずは行動に移すことを心掛けています。当社の仕事はお客様の想い、ニーズをつかみ、それを形として具現化していくクリエイティブな仕事です。何もないところから新たなものを作り出す過程においては、必ずと言っていいほどハードルを乗り越えなくてはいけません。このハードルに対して「まずは行動に移し、やってみる!」ことでプロジェクトを前に進めていくことができると思っています。

0206

現在の仕事(取材当時)

顧客営業担当として働いています。営業担当は竹中工務店のお客様(建築主)窓口として、お客様のニーズや抱えている課題を掴みとり、社内にフィードバックし様々な部門と協業してニーズの具現化、または課題解決に取り組んでいきます。営業担当はいわばお客様と竹中工務店の橋渡し的な存在であり、お客様の意図や想いを正確に伝える必要があります。プロジェクトにおいては設計、見積、技術など様々な専門部署をまとめるマネジメント的な業務を遂行します。プロジェクト受注だけではなく、受注後もお客様と良好な関係を築くために、なくてはならない存在です。

1日のスケジュール

8:00 メールチェック
9:00 社内プロジェクト打ち合わせ
(設計部・見積部・技術部)
10:30 プロジェクト資料作成
13:00 お客様訪問
(契約手続き、プロジェクト全体会議)
15:00 お客様訪問
(新規プロジェクト情報ヒアリング)
17:00 ヒアリング情報をもとに資料作成

0306

仕事の「魅力」と「やりがい」

営業担当としてお客様の夢やニーズを聞きだし、提案が評価され、数ある選択肢のなかから竹中工務店を選択していただくプロセスに非常にやりがいを感じます。お客様は様々なご要望をお持ちでそれを正確に社内にフィードバックし関係部署と連携しながら一生懸命提案活動を行います。建築工事は長いプロジェクトであり、多くの問題が発生しますが、社内社外問わず一つのベクトルに向かって進んでいけることが、この仕事の魅力だと思います。

0406

竹中工務店を志望した理由

私が就職活動をしている際に自分のした仕事が形として残り、それが多くの人に影響を与えられるような仕事につきたいと思っていました。当社は「想いをかたちに未来へつなぐ」というコーポレートメッセージを掲げており、まさにその信念に惹かれました。また建築物をただ単に建設するだけでなく、高い技術力をもとに建築物を「作品」と呼び、想いをこめて建築していく。そんな竹中の一員になり、何か形として残るような仕事を成し遂げたいと思ったため、竹中工務店を選択しました。

0506

将来の夢

現在担当しているいくつかのプロジェクトにおいて、社内社外問わずプロジェクト関係者が竣工後何年たっても、いい仕事だったなと振り返ることができるような仕事を目指したいです。建物は竣工しても人間関係がゼロになることはありません。定年後も切磋琢磨した仲間で笑って集まれるような人間関係を構築したいです。

0606

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動期間中ほど人生の選択権を与えられる期間はありません。この期間を利用して様々な業種や企業を訪問し、また実際に仕事をされている方からの話を聞くことは、非常に大切な経験になると思います。就職活動を通し自分のやりたいことや自分の夢を明確にし、それを仕事として選ぶこと。なかなか難しいことではあると思いますが、今後の人生に大きく影響を与える時間ですので、大切にしてほしいと思います。その中で皆さんのやりたいことや夢が当社の事業と一致し、皆さんと一緒に働くことができたら大変うれしく思います。がんばってください。

最終学歴・経歴(取材当時)

【 最終学歴 】 経営情報学部 経営情報学科
【 研究内容 】 企業経営戦略、マーケティング・マーケット分析
【 勤  務 】 東京本店 営業部 第3部門6グループ
【 経  歴 】
2009年 4月 大阪本店 経理部 収支G→大阪本店作業所(関西大学高槻新キャンパス)→神戸支店 管理G
2010年 4月 東京本店 工務部 FM個別損益G
2011年 4月 営業本部 管理部 総務G
東京本店 営業部 事務G
2014年 4月 東京本店 営業部 第3部門6G