社員紹介

工場や研究施設。高度な機械が活躍する設備を、
企画から稼働まで一気通貫で創り上げる。

エンジニアリング開発
松尾 和哉(2013年入社)

PERSON

0106

あなたの仕事への「想い」を表す言葉とは

建物を創ることは、様々なお客様の想いを最適に繋ぎ合わせることだと考えます。工場や倉庫、研究所に関するエンジニアリング活動においては、お客様の製造工程や運用を理解した上で、お客様の想いを様々な制約条件の中で建物へインプットしていく必要があります。私は、様々な想いを技術で繋ぎ合わせることのできるエンジニアを理想像として意識しながら仕事に取り組んでいます。

0206

現在の仕事(取材当時)

エンジニアリング本部 製造・物流施設本部は工場や倉庫、研究所等の建物の営業、設計、施工およびアフターサービスを、社内の関連部署と協業して行っています。これらの建物に関するエンジニアリング活動においては、他の建物にはない生産設備、搬送設備および研究設備があり、生産性や効率化が求められます。製造・物流施設本部はそれらを企画の段階から、実際に施設が稼働するまで様々な形でフォローしていく部門です。
私はエンジニアリング本部に配属されてから現在までに、食品製造施設における製品・原料・資材の搬送・保管設備の計画、施工、試運転・調整、アフターフォローを担当してきました。現在は化学工場の設計・施工支援を行うとともに、生産設備の移設・新設工事の実施に向けて計画を行っている最中です。また、プロジェクトの中でお客様の課題やプロジェクト遂行上の課題に対して、技術開発を行うこともエンジニアリング本部の役割となります。業務の幅は多岐に渡りますが、様々な想いに常に耳を傾け、それらの想いを技術で繋ぐために、常に向上心を持って取り組む姿勢を心がけています。

1日のスケジュール

8:30 メールチェック
その日やるべき業務の確認
9:00 デスクワーク
(担当プロジェクトの機器能力検討)
11:00 社内打合せ
12:00 昼食
13:00 デスクワーク
(担当プロジェクトの図面作成)
15:00 協力会社打合せ
17:00 建築主定例資料の作成
明日やるべき業務の確認

0306

仕事の「魅力」と「やりがい」

やはり醍醐味は、自分が計画した内容が実際に形になっていく様を、日々刻々と間近で感じとれることです。対応する業界の幅が広く、お客様から求められる技術レベルが高いため、産みの苦労があることは確かです。しかし計画したシステムが要求水準を満たし、お客様が予定通りの生産量、物流量を処理できていることを確認できた時や、以前に比べて作業の効率性、安全性の改善が確認できた時は、今までの苦労は吹き飛び、やりがいを感じます。

0406

竹中工務店を志望した理由

“人々の生活・社会を支えるスケールの大きな仕事に関わりながら、広く全体を見ることのできるエンジニアになりたい”という想いを実現できる会社だと感じたためです。大学での専攻は「機械工学」で、就職活動当初はエンジニアリング会社や重工メーカーへの就職を目指しており、ゼネコンの仕事については全く知りませんでした。そんなとき、偶然企業合同セミナーで竹中工務店の説明を聞き、竹中工務店にはエンジニアリング本部があり、様々な業界の工場建設プロジェクトにおいて、企画から施設の稼働まで一貫して携わることが出来ることを知りました。お客様の生産力確保や安全・安心な製品を製造するための施設建設プロジェクトを一気通貫で担当できるのは、ゼネコンのエンジニアリング部門特有で、私の想いと合致しました。また、竹中工務店の「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という経営理念に代表されるように、社員の方々は技術に対して熱意のある方ばかりで、そのような環境で成長したいと思い、竹中工務店を志望しました。

0506

将来の夢

将来的には、製造施設プロジェクトにおいてお客様の想いを技術をもって繋ぐことのできるエンジニアとして活躍したいと考えています。そのために、今は製造施設を構成するプロセス、ユーティリティ、マテリアルハンドリングに関する経験を積むとともに、建築に関する知識を拡充する時期ととらえています。製造と建築がベストバランスで調和がとれた製造施設を、数多く計画していくことが私の目標です。

0606

学生の皆さんへのメッセージ

自分がやりたい事・自分の夢を見つけ、それを実現できる場所を数ある企業の中から見つけ出すのは大変ですが、非常に重要な事です。私は就職活動を行った際、「これだけは譲れない軸を持つこと」と「固定観念を持たずに多くのことを見聞きすること」を意識していました。これから40年勤める会社が、たった半年~1年の就職活動で決まるのです。とにかく多くの情報に触れ、それを自分に当てはめてイメージすることで、自分の軸に合致するのか?しないのか?が分かってくると思います。皆さんが就職活動を通して、将来の自己実現の場に巡り合えることを応援しています。その場が竹中工務店であれば幸いです。

最終学歴・経歴(取材当時)

【 最終学歴 】 工学部 機能発現工学専攻
【 研究内容 】 エルボ配管における低サイクル疲労寿命予測手法の確立
【 勤  務 】 エンジニアリング本部 製造・物流施設本部
【 経  歴 】
2013年 4月 大阪本店 設計部(設備部門)→京都支店作業所(イオンモール京都桂川新築工事作業所)
2014年 4月 エンジニアリング本部 製造・物流施設部門