社員紹介

竣工後の運用まで見越した設備施工を行う。
それが、最良の作品へとつながっていく。

設備施工管理
樋口 美和(2013年入社)

PERSON

0106

あなたの仕事への「想い」を表す言葉とは

良い建築は、良い人間関係から生まれると感じています。関係者と真剣に向き合い、信頼関係を築くことを大切にしながら業務に励んでいます。

0206

現在の仕事(取材当時)

現在の業務は、作業所における設備分野の施工管理です。電気・空調・衛生といった設備分野の協力会社をとりまとめ、施工計画、図面の確認、作業調整、現地確認を日々行っています。中でも、建築との調整は設備担当として欠かすことのできない重要な業務です。鳶・大工・鉄筋等々の多種にわたる職種の人々とのコミュニケーションを大切にして、作業間調整を取ることで、建築・設備共に「より良い」建築を創っていけると思っています。

1日のスケジュール

7:20 出社
8:00 朝礼・作業所巡回
10:00 デスクワーク
(打合せ準備、作業調整など)
11:30 昼打合せ
(職種リーダーとの作業打合せ)
12:00 昼食
13:00 協力会社との打合せ
16:00 現場巡回
18:00 デスクワーク
(建築主定例資料作成、
計画書・図面確認など)

0306

仕事の「魅力」と「やりがい」

作業所における施工管理の業務は、多くの関係者との信頼を築きながら、一丸となって一つの建物を作り上げる喜びと苦労を、日々肌で感じることが出来ることが魅力です。建築主への提案事項や自分が加わって計画した内容が目の前で形になっていくことにやりがいを感じます。
また、設備担当は若手の頃から建築主との調整に関わることが多く、建築主の要望を聴きながら合意形成を行っていきます。建築主との交渉や調整を通して、完成だけではない竣工後の運用まで見越した「より良い作品」づくりの視点をもって、業務に取り組めるやりがいもあります。

0406

竹中工務店を志望した理由

社員の方々の気さくな人柄と、上下隔てなく風通しのいい社風に惹かれました。入社した今もその印象は変わらず、責任感と真摯な態度を持って向き合えば、耳を傾けて下さる先輩・上司の多い職場だと感じています。

0506

将来の夢

当面の目標は、一つの作品を基本設計から竣工、アフターフォローまで通して担当することです。当社はジョブローテーションの仕組みがあるため、作業所と設計の両者を経験することができるというメリットがあります。現在はものづくりの最前線である作業所で、現場の納まりや設備の機能確保について知識・経験を重ね、設計に生かしていけるようにと考えています。
最終的には、様々な用途の建物にマルチに対応していくことのできる設備のプロになりたいと考えています。

0606

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は、自分の将来を見つめ直す良い機会だと思います。私は、様々な会社に触れ、自分が働いている姿をいかにイメージできるかを考えながら、就職活動を行っていました。先入観や固定観念に縛られず、視野を広げて活動することで、自分にぴったりの会社を見つけられると思います。できるだけ多くの 人に触れて、自分なりの道を見つけ出してください。応援しています。

最終学歴・経歴(取材当時)

【 最終学歴 】 創造理工学部 建築学科
【 研究内容 】 オフィスにおける室内環境と知的生産性に関する研究
【 勤  務 】 東京本店 設備部 施工管理2グループ
【 経  歴 】
2013年 4月 入社 大阪本店設計7部門設備9グループ→作業所(大塚製薬大阪本部新ビル新築工事作業所)
2013年 4月 東京本店 設備部 施工管理2グループ(ペンブローク六本木7丁目計画作業所)