プロジェクトの流れ

建築プロジェクト?。建築という仕事は、専門的なノウハウを有する多彩なスタッフが一致団結し、
さまざまな難関をクリアしながら成し遂げるものづくりです。
竹中工務店では一つのプロジェクトに対し、全社の総力を結集させることで「作品」と呼べる品質にまで作り込んでいます。

企画提案

建築構想の情報を収集し、受注の可能性を検討、具現化のために最適なスタッフを組織しながら建築主への提案活動を展開。

設計

設計者は、「機能」「品質」「コスト」などの建築主からの要求を満足させた上で、創造力とセンスを駆使し、最適な基本プランを提案。それを具現化するために各部門と連携しながら検討を重ね、さらに詳細な設計をすすめていく。

着工・施工

作業所長を中心としてプロジェクト実現に適した施工体制を組織。施工の最前線においてQCDSE※という各方面から課題の克服に挑み、「作品」と呼ばれるに相応しい品質の創り込みを行う。

竣工・引渡し

工事が完了しお客様へ作品を引渡す。
作品を通して、持続可能な社会の構築へとつなげていく。

アフターサービス

竹中工務店ではFM部を中心に各部門一体となったアフターサービスを提案・実施。お客様へ建物を引渡した以降も、継続的な保守・管理を行うとともに、施設環境の運営計画を立て、長期的に建物の品質を保証していく。

※QCDSE
Q=Quality(品質)
C=Cost(費用)
D=Delivery(工期)
S=Safety(安全)
E=Environment(環境)

  • 理系
  • 文系