プロジェクトの流れ

建築プロジェクト—。建築という仕事は、専門的なノウハウを有する多彩なスタッフが一致団結し、さまざまな難関をクリアしながら成し遂げるものづくりです。
竹中工務店では一つのプロジェクトに対し、全社の総力を結集させることで「作品」と呼べる品質にまで作り込んでいます。

企画提案
建築構想の情報を収集し、受注の可能性を検討、具現化のために最適なスタッフを組織しながら建築主への提案活動を展開。
設計
設計者は、「機能」「品質」「コスト」などの建築主からの要求を満足させた上で、創造力とセンスを駆使し、最適な基本プランを提案。それを具現化するために各部門と連携しながら検討を重ね、さらに詳細な設計をすすめていく。
着工・施工

作業所長を中心としてプロジェクト実現に適した施工体制を組織。施工の最前線においてQCDSE※という各方面から課題の克服に挑み、「作品」と呼ばれるに相応しい品質の創り込みを行う。

※QCDSE:Q=Quality(品質) C=Cost(費用)D=Delivery(工期)S=Safety(安全) E=Environment(環境)

竣工・引渡し
工事が完了しお客様へ作品を引渡す。作品を通して、持続可能な社会の構築へとつなげていく。
アフターサービス
竹中工務店ではFM部を中心に各部門一体となったアフターサービスを提案・実施。お客様へ建物を引渡した以降も、継続的な保守・管理を行うとともに、施設環境の運営計画を立て、長期的に建物の品質を保証していく。
営業・営業事務

お客様のニーズを捉え、想いの具現化を先導する

お客様にとっての竹中工務店の窓口役となり、社内の各部署とお客様とを橋渡しする役割を担います。建築プロジェクトには初期の計画段階から携わり、お客様の要望のヒアリングや、設計をはじめとした社内各部署との調整、予算や納期の管理を行います。お客様は竹中工務店に対して、建築の専門家としてさまざまなアドバイスやサポートを期待しています。それらに応えていくのも営業の役割です。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
建築設計

建築主の「想い」を図面で表現し、「かたち」へ導いていく

建築主が思い描いた建物の姿を図面として表現し、プロジェクトに関わる人すべてが「目で見て理解できる情報」へと落とし込む役割を担います。設計する内容は、建物の全体像を表現するものから細部を詳細に表現したものまで多岐にわたります。企画から設計の段階では、建築主の「想い」をくみ取るために綿密なヒアリングを行います。施工段階では、設計図通りの工事が行われているかを確認するとともに、より良い建物にするための設計変更を行うなど、施工部門と協力して建物を完成へと導きます。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
環境設計

快適でエネルギー性能や環境性能の高い建築を設計し評価する

建物の設計において、環境を主軸とし、建築形態や仕様、設備システムなどによって変わる快適性やエネルギー消費性能、総合的な環境性能などを予測評価し、設計図書への創り込みを行い、稼働後には実績を評価していく役割を担います。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
構造設計

強度や地震への備えの最適地を導き出し、建物の安全性を確保する

安全性が確保された建物を生み出すために、シミュレーションや解析を行いながら構造面での設計を行います。大規模な吹き抜けが用いられるビルなどでは、強度を保つための柱や壁の使用が制限されます。また、ホールやスポーツ施設など大空間を有する施設でも、同様の課題があります。これらケースをはじめ、すべての建物において高い安全性を実現しながら建築主の想いをかなえるため、構造計算や構造図の作成、免震構造や制振構造などの検討を行います。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
意匠設計(インテリア)

光や音までを考慮。空間をトータルに捉え、心地良さを創造する

インテリアを専門に設計します。インテリアの概念は一般的にとらえられる以上に広く、その範ちゅうは家具やカーテンなどだけにとどまりません。空間全体の光や色、さらには音や香りまでを含んでいるのです。これらをトータルにとらえながら、建築主の想いを実現する空間、利用者が心地良く過ごすことのできる空間を生み出すために、計画から施工時の監督までを担当しています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
意匠設計(プレゼンテーション)

提案内容を的確に表現し、印象に残るビジュアルコンテンツを制作

多くのプロジェクトでは、建築主は複数の企業に対して提案を依頼し、最も優れた案を選んでいます。コンペと呼ばれるこの形式で提案内容や見積りと並んでカギを握っているのが、提案を発表するプレゼンテーションです。そして、そこで用いられる建築CGパースや提案書など、ビジュアルコンテンツを制作する専門家が「プレゼンテーション(意匠設計)」です。仕事を行うにあたっては、営業部門や設計部門と打合せを重ね、各部門の意図が的確に表現されたコンテンツを作成します。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
設備設計

建物に命を吹き込み、快適性・利便性を生み出す

企画・計画・基本設計・実施設計と進む設計の各プロセスにおいて、空調や電気、水道など、各種設備の専門家として「どのような設備を用いるか」「どこに配置するか」を検討し、設計図へと落とし込んでいきます。また、工事費を算出したり、工事担当者が作業を行う際の指針となる詳細な図面を作成していきます。設備は、建物を利用する人の快適性・利便性を大きく左右します。日常的・継続的に使用されるため、竣工後には定期的なメンテナンスも欠かせません。それらを視野に入れた設計が、設備設計には求められています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
プロダクト(生産設計)

設計情報と生産情報を統合し、ものづくりのための図面を起こす

私の所属するプロダクト部門は、エンジニアリング力(建築・設備)を発揮し、設計情報と生産情報を統合する職能を有する人達の集まりです。ここでは、設計初期段階から生産サイドのノウハウを盛り込む「フロントローディング」の考え方のもとに、当社の得意とする設計施工(デザインビルド)の価値を最大限に活かすべく 、後戻りの無いものづくりのための図面(詳細図・施工図)づくりを目指しています。
建物はデザインだけではできません。機能・品質・コスト・スケジュール等、多様化するお客様ニーズを満足して初めて成り立ちます。ですから、私達は設計から生産への橋渡し役として、設計部(設計職能)をはじめ、見積・調達・品質・技術・作業所など多くの部門との連携を密に活動しています。
近年、BIMが建築の世界を変えようとしています。関係者が、BIMモデルを共有し、図面の整合確保や生産性向上を図る姿は、これからの設計・生産プロセス変革の中心的課題になっていくと考えています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
建築生産計画・管理

工法や機械などを検討し、建物を生み出すための計画を立案する

設計図には意匠や構造、設備など、「どのような」建物を作るのかという情報がまとめられています。建築生産計画・管理はこれらの情報に基づき、用いる工法や機械など、「どのようにして」建物を作るのかを検討します。このとき、品質・コスト・工期・安全・環境という要素が満たすべき項目になります。そこで、設計部門や施工部門、営業部門などと綿密な打合せを行いながら、最適な工事方法を立案していきます。施工段階では、計画通りの工事が行われているか、計画に調整を加える必要はないかなどのチェック機能も担当します。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
研究開発

新技術を生み出し、より良い建物作りを支援する

建築の仕事には、品質や安全性の向上、工期の短縮、環境への配慮などを実現するために、常に技術革新が求められています。この社会的ニーズに応えるため、竹中工務店では技術研究所を設け、新技術の研究開発に取り組んでいます。技術研究所では実験や解析の積み重ねにより、優れた建物を効率的に作るための技術開発を行っています。また、設計部門や作業所が抱える困難な技術的課題に対し、工法の提案や施工のアドバイス、実験による評価・確認を行っています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
エンジニアリング開発

特殊用途の建築物の専門家として、企画から一貫して携わる

発電所や製造・物流施設、研究所など、特殊な用途の建築物を取り扱うのがエンジニアリング開発です。建築プロジェクトには企画から竣工後のアフターサービスまで一貫して携わり、建築主へのヒアリングや立地調査、それらに基づく計画立案、設計、施工時の品質管理など、多様な業務を担当します。建物の用途が特殊であるがゆえに建築主にとっての「ビジネスパートナー」としての役割が強く求められます。また、幅広い業務を担当するので、社内外の多くの人と協業を行う仕事でもあります。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
プロジェクト開発

顧客のビジネスを成長に導き、街を活性化させるプランを作る

長期間におよぶ建築プロジェクトにおける最初のフェーズ、企画段階で活躍する仕事です。ビジネスの相手は、建物を使って事業を成長させたいと考えているデベロッパーや土地オーナーなど。その想いを実現するために「どのような建物を建築すべきか」をともに検討し、提案します。提案にあたっては周辺地域の市場調査や権利関係の調整を行います。建物は周辺エリアの人の流れや賑わいを大きく変える存在でもあるため、街を活性化させる役割も担っています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
情報・システム開発

建物の高機能化と建築プロセスの効率化を情報システムで支援

入退室管理など、現代の建築物にはITを活用した設備が広く導入されています。また、オフィスなどではパソコンをはじめとした情報機器やその土台となる通信網の配置は、利用者にとっての使い心地を大きく左右します。これらの情報システム・機器を建物の中にどのように組み込んでいくかを検討するのが、情報・システム開発の仕事です。また、設計図など建築プロジェクトに関する膨大な資料や情報はシステムを使って整理し、プロジェクト関係者が素早く閲覧・共有できるようにする仕組みの整備も行います。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
工務

作業所と一体になりながら損益管理を行い、利益を確保していく

建築プロジェクトの最前線である作業所と一体になり、人員や資材、予算の管理を行いながらプロジェクトの損益管理を行います。「優れた作品を遺したい」「多くの人に喜ばれる建物を作りたい」という想いを作業所メンバーと共有しながら、事業を通して利益を確保していくという企業活動の根幹を支えるため、冷静に予算などを管理する役割を担っています。また、過去に手掛けた建物のリニューアルやメンテナンスなどを行うファシリティマネジメント(FM)に関わる業務も担当します。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
財務・経理

資金計画の立案と資金調達で高品質な作品づくりを支える

高品質な作品を遺していくためには、安定した資金が欠かせません。そこで、将来を見越した資金計画を立案し、銀行をはじめとした金融機関と折衝して資金調達を行うのが財務・経理の仕事です。毎月の支払いや入金といった定期的な業務に加え、突発的な出来事に資金面から対応を行うのも業務の1つです。主要なビジネス相手である金融機関は、不動産や再開発プロジェクトをはじめとした受注に結び付く情報が集まりやすい場所でもあります。そのため、営業部門と連携しながら、金融機関を起点とした受注活動も行っています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
総務・人事・法務

経営資源の最適配分によるプロジェクト支援

経営目的達成のため、各種活動に秩序を与え、部門間あるいは、個人間のコミュニケーションを促進する。多くの社員が集団として効果的な活動ができるよう、また精進や努力のしがいのある仕事と職場環境を形成します。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
海外現地法人管理

さらなるグローバル展開をけん引し、世界中へ竹中の品質を伝える

世界各国に展開する竹中工務店の海外現地法人において、経理、総務、人事、企画など、多様な側面から「会社を動かす」仕事を担当します。取引先はもちろんのこと、日常的にともに働く社内メンバーもほとんどが現地採用のスタッフ。言葉や文化、商習慣が異なる中で互いを理解し、協力し合って1つの目標へと進むためのけん引役として活動します。また、現地での施工に携わる技術者を業務と生活の両面からバックアップします。さらなるグローバル展開を目指す竹中工務店において、その最前線で活動する役割です。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
建築施工管理

施工現場のマネジメントを行い、品質を作り込む

建築物の生産段階である建築工事の最前線に立ち、品質・コスト・工期・安全・環境という要素が高いレベルで満たされるように計画・管理を行います。建築現場には膨大な数の人員が関わり、資材が用いられます。それらをマネジメントしてスムーズな工事を実現するのが施工管理の役割です。また、ミリ単位の調整を行いながら設計の意図通りの建物を完成させるなど、品質の作り込みという役割も担っています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
設備施工管理

設備の専門家として施工プロセス全体をマネジメントする

設備の専門技術者として、電気や水道、空調など、設備に関する施工プロセス全体をマネジメントします。担当業務は、施工計画の詳細立案や工程管理、施工品質の管理、原価管理、施工図面の作成など。これらの業務を通して、品質・コスト・工期・安全・環境という要件を高いレベルで満たすことを目指します。直接の担当領域である設備の設計者や施工者との連携に加えて、建物全体をマネジメントする建築設計者や建築施工管理者との連携も重要になる仕事です。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
建設機械

新たな工法や技術を可能にする機械の開発と施工計画の立案を担当

クレーンをはじめとした建設工事に用いられる機械の開発を行います。また、開発した機械が効率的に施工現場で活用されるように、施工計画の立案を行います。竹中工務店では、新たな工法や技術を相次いで導入しています。それらを可能にしているのが、建設機械の仕事です。騒音や振動、環境への配慮など社会的なニーズをはじめ、工期短縮やコスト抑制など、さまざまな要望が従来にない機械や工法を生み出すための出発点となり、研究開発を推し進めています。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス
施工事務

作業所における総務・人事・経理など多種多様な業務を担当するゼネラリスト

建築工事を行うためには、道路の使用許可をはじめとした各種の手続きが必要です。また、工事開始に先駆けて準備が必要な作業所事務スペースの確保や、協力会社・関係機関との交渉・契約など、数えきれないほどの事務仕事が発生しています。これらを担当し、作業所メンバーが工事に集中できる環境を整備するのが施工事務の役割です。担当するプロジェクトの規模によっては複数の作業所を掛け持つこともあります。

  • 企画提案
  • 設計
  • 着工・施工
  • 竣工・
    引渡し
  • アフター
    サービス