本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

快適で過ごしやすい空間を提供する

一人ひとりがいきいきと過ごせる「場」を提供する

一人ひとりが健康で快適にいきいきと過ごし、生産性や創造性を最大限発揮して活動できる「場」は、社会生活や企業活動を持続的に支える基盤として重要です。
当社は、総合建設業としての経験とマネジメント力、研究開発を通じて蓄積された科学的知見やソリューションをもとに、生産性と創造性を両立させる空間づくり、こころも身体も健康に過ごせる空間マネジメントシステムの構築などを通じてお客様の高いニーズにお応えします。


▶人にやさしい空間 ▶ユニバーサルデザイン ▶ワークプレイスコンサルティング ▶ITソリューション
 
▶快適な気候 ▶騒音・振動対策    

 

 

人にやさしい空間

「人にやさしい空間」創造への挑戦

竹中工務店では、これまでの空間づくりに対する視点を変え、人が現状よりも健康で生き生きと働くことができ、生産性や創造性が高まる空間づくりを再構築するための研究を進めています。

健康でいきいき働くために-変化を感じる環境

これまでの建築空間づくりでは、多くの人が「不快でない」と感じ、均質で変化しないことがよいととらえる傾向がありました。竹中では建築をはじめとする外部環境から、豊かな刺激を受け、健康に、いきいきと活動する空間づくりを目指します。

脳の状態に合った多様な空間の提供

自然のムラを上手に取り入れた、豊かな刺激に満ちた建築空間により、働く人たちのいきいきとした創造性をより一層高めます。

 

 

 

ユニバーサルデザイン

10のガイドラインをもとに「ユニバーサルデザイン」を実践

多様な人々が利用する建築・環境をデザインしている我々には、誰もが快適で気持ちよく使えるような設計を行う社会的責任と使命があります。竹中は、「ユーザー中心のものづくり・ことづくりを心がけ、誰もが安心して快適にいられる永く美しい建築・環境のデザインを、常に改良を図りながら創造し続ける」を基本理念とし、10のガイドラインをもとに「ユニバーサルデザイン」を実践しています。

多様性:多様なニーズに応える

人のニーズは多様であり、様々な人のニーズに公平かつバランスよく応えられる選択性・柔軟性・適合性が必要です。
建築や環境の種類によって、「パブリックなものから⇔プライベートなものまで」のように、対象とするユーザーの範囲が異なりますが、その建築や環境を使用するユーザーに適した選択性、柔軟性、個人への適合性などを持たせる必要性があります。

快適性:人の感覚(五感や空間認知)に上手く作用する

建築・環境が人の行為・活動の関係性の媒体となるのは人の様々な感覚・知覚や運動機能です。
人が建築・社会・自然などと快適に付き合うためには、人の五感や身体特性を科学的・工学的に理解し、様々な特性を持つ人に上手く作用するハードとソフトの工夫が必要です。

向上性:使い手との対話により常にスパイラルアップさせる

人のニーズは常に変化し、より利便性の高いものを望みます。
そのニーズを満足させるには、常にユーザーを観察し、ユーザーと対話することにより、建築や環境をより向上させていくことが必要です。

持続性:人・生活・社会・自然との良い関係をつくる

人の持続可能(サステナブル)な生活や社会を構築するためには、人と人、人と建築、人と社会から地球環境までの永く継続できる適正な関係をつくることが必要です。
そのためには人・建築・社会・自然それぞれ相互の関係性を科学的・工学的・心理学的・環境学的に見つめ直す必要があります。

 

 

 

ワークプレイスコンサルティング

あなたの「ワークプレイス」は、ビジネスと環境をサポートできていますか?

企業のもつ価値を向上させるため、各企業ならではのビジネスプロセスやワークスタイルに根ざしたワークプレイスが求められています。
私たちは総合建設業としての多くの経験とマネジメント力を駆使し、最適な働き方を実現するワークプレイスづくりをお手伝いします。

ワークプレイスコンサルティング

ワークプレイスづくりでは、建築、IT/AV、組織、運用などさまざまな要素を効率よく合理的に進めていくことが求められます。
当社は、お客さまとの緊密なコミュニケーションを心がけ、お客さまと一体となったワークプレイスづくりを実現します

Service.1/コンサルティングサービス

お客さまとの緊密なコミュニケーションを心がけ、お客さまと一体となったワークプレイスづくりを実現します。

Service.2/マネジメントサービス

ワークプレイスづくりでは、建築、ICT、組織、運用などさまざまな要素を効率よく合理的に進めていくことが求められます。

Service.3/その他サービス

お客様の多様な要望にこたえるサービスを用意しています。

主な実績

 

 

 

IITソリューション

竹中工務店は、施設を通じてお客さまの事業そのものへのソリューションをご提供します。お客さまの事業・施設のトータルソリューションにおいて、IT(情報技術)の進展に対応した施設の「ITソリューション」は特に重要な要素となっています。竹中工務店は、我が国にいち早くインテリジェントビルを建設するなど、今までの豊富な実績とノウハウに基づいて情報と建築を一体化した、施設の「 ITソリューション」をご提供します。

ITソリューション

事業・施設のトータルソリューション

プロジェクトの企画から施工、運用・リニューアルまでの全工程において、建物・設備・情報通信の課題をトータルにソリューションし、効率的な施設づくりをご提供します。

ITインフラ構築ソリューション

ITインフラの構築には、建築や設備などを含めた総合的な検討と管理が必要です。
当社は、長年の建築設計施工のノウハウを生かして、建築や設備とITインフラを一体的にご提供します。

オフィス移転ITソリューション

経営環境の変化のスピードに対応できるワークプレイスの実現には、電話やLAN、情報システムの通信技術動向も踏まえ、ITインフラをタイムリーに計画・構築することが重要です。

会議室AV/ITソリューション

オフィスや教育施設等の設計施工で培ったノウハウで、ミーティング・ディスカッション等のモバイル型会議から定例会議等の設置固定型会議室まで、お客さまのワークスタイルにあわせたAV/IT環境をご提案します。

無線環境ソリューション

多様なワークスタイルに対応し、いつでもどこでも必要な情報にアクセスできる環境や、有線と無線の効果的なベスト・ミックスまで含め、トータルで快適なワイヤレス環境を実現するソリューションをご提供します。

省エネ/省CO2見える化ソリューション

省エネの実現には、施設所有者のみの取組みだけでは限界があり、施設利用者であるユーザの協力が不可欠です。ユーザの積極的な参加を促すため、建築・設備と一体となったソリューションをご提供します。

オフィスのITソリューション

オフィスのIT環境は、技術の進展に伴い、大きく進化しています。新しいワークスタイルを取り入れ、多様化するお客様のニーズに合った最適なソリューションを提案します。

集合住宅のITソリューション

入居者のライフスタイル・ワークスタイルが多様化する中で、入居者が求める住環境は常に変化しています。様々な入居者のニーズに対応が可能で、将来の拡張性にも優れたシステムをトータルコーディネイトします。
また、建物の付加価値を高めるため、時代の変化に合わせ最先端の技術や様々なサービスを統合し、入居者の利便性の向上や、魅力的な住環境を創出するソリューションを提案します。

ホテル/宿泊施設のITソリューション

ホテルのITシステムは、家具・什器・備品等のFFE工事の一部として、客室等の予約や館内情報の配信、顧客情報や清算管理などの機能が必要です。ホテルブランドのホスピタリティに合わせ、建築/設備と一体となりシステム構築を実現します。

学校/教育施設のITソリューション

双方向コミュニケーションや遠隔教育と、事務業務の効率化を図りながらセキュリティを確保したネットワーク環境の構築を実現します。また、施設に合ったITインフラを建築計画の段階で総合的に最適化し、トータルコストの低減を実現します。

劇場施設のITソリューション

イベントに合わせた音響制御、マルチメディアによる演出、インターネットへのイベント情報発信、展示内容の紹介、来場者への施設案内など、ITを活用し、より魅力的な劇場施設を実現します。

空港施設のITソリューション

空港の運営に必要不可欠となっているIT環境。当社は豊富な実績を基に、館内情報配線やネットワーク設備などのITインフラの構築や、建築計画・施設運用計画に従ったセキュリティ設備の構築を、マルチベンダーで特定のシステムに縛られずにお手伝いいたします。

医療施設のITソリューション

医療技術の飛躍的な進歩、医療に対する意識の変化など、医療を取り巻く環境は著しく変化しています。また、1970年代のレセコンに始まり、PACS・電子カルテと医療におけるIT化も着実に進んでいます。
医療施設に特化したITを活用し、省エネ効果の向上や施設管理の効率化、無線端末による利便性向上等、病院情報システム導入も含めた情報ネットワーク基盤を構築し、病院のIT化をサポートします。

ビルコミュニケーションシステム®

ICT(情報通信技術)の高度化やクラウド技術の発展により、今まで建物からは提供が難しかったサービスが、クラウドから安価に提供できるようになってきました。また、 IoT(Internet Of Things)の普及によって、建物内でより高密度なセンシングが可能となり、きめの細やかな制御が可能になります。ビルコミュニケーションシステム®(ビルコミ®)は、そのような先端的な技術を建物に適用することで、省エネ・省コスト、快適性の向上、管理負荷低減などの実現するプラットフォームです。ビルコミを利用することで、クラウド上の様々なサービスを柔軟に組み合わせることができます。

 

 

 

快適な気候

人が生き生きと活動できる屋内環境

自然の光や風を適材適所に取り入れて適度な刺激のある快適な空間を実現しつつ、省エネルギーを達成します。

 

 

 

騒音・振動対策

建物内外の騒音と不快な揺れを防ぎます。

人々を不快にさせる騒音を低減します。外部から聞こえてくる騒音の対策についても提供します。
人間が歩いたり跳んだり、大型機械が動いたり、電車や車の往来など、さまざまな原因で建物は振動し、人を不快にさせます。高層ビルでは風による揺れが問題になります。こうした日常的な振動問題の防止に取り組んでいます。

建物内外の騒音と不快な揺れを防ぎます。
建物内外の騒音と不快な揺れを防ぎます。

建物内外の騒音を防ぐ技術

人々を不快にさせる騒音を低減します。外部から聞こえてくる騒音の対策も行います。

不快な揺れを防ぐ技術

人間が歩いたり跳んだり、大型機械が動いたり、さまざまな原因で建物は振動します。振動は人を不快にさせたり、画像を乱して仕事の邪魔をしたりします。こうした日常的な振動問題の防止に取り組んでいます。