本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

パイルド・ラフト基礎構造

パイルド・ラフトとは、杭に支持された(パイルド)いかだ=直接基礎(ラフト)という意味で、当社が推進している安全性と経済性を兼ね備えた基礎工法です。(2005年度日本建築学会賞(技術)受賞工法)原則として全荷重を直接基礎で支持しますが、沈下抑止の為に杭基礎にも鉛直力を分担させ、基礎の合理化を目指します。 両基礎による荷重分担効果により、超高層建物の高軸力を負担することが可能となります。

パイルド・ラフト基礎構造