本文へジャンプ

T-FoRest ® Wall (LVL耐震壁、CLT耐震壁)

LVL耐震壁

日本の木を使った木質耐震壁技術

T-FoRest® Wall は、木質パネルを耐震壁として使用し鉄筋コンクリート(RC)造の建物を耐震補強する工法です。RC耐震壁と同等の強度を有し、法律が許す範囲で内装木質化も同時に実現することができます。木質パネルは接着剤でRCの柱・梁に固定するため、溶接や既存躯体の斫り工事、アンカー打設が不要となり、粉塵や騒音が発生しにくく安全で短工期での施工が可能です。国内の森林サイクル拡大に貢献する新しい木材利用の方法として注目されています。本技術によるCO2削減効果が認められ、平成27年地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受けました。

既存躯体との取り合い図

 

 

武庫川女子大学文学2号館耐震改修教室全景

武庫川女子大学文学2号館耐震改修 LVL壁

 

 

CLT耐震壁

RC造建物を「木」で補強 国内初の試み

間伐材・伐採適齢期を迎えている杉材を利用することで、地球環境への負荷を低減できます。重量がコンクリ-トの1/6程度であり、大きな重機を使用しなくても施工できます。また、接着工法により安定した施工品質が確保できるほか、騒音・振動を伴う工程がほとんどありません。条件によっては木をあらわしで使用することができ、快適な空間が提供できます。

代替テキスト
代替テキスト