本文へジャンプ

建築・設備劣化診断

建築・設備の劣化状況については、米国のASTMの基準に準拠しつつ、一次診断レベルによる建物の経年の確認および、図面等資料、インタビュー記録による修繕更新履歴、現地目視調査による現状確認により、当社が専門家としての判断を行います。

劣化の判断材料

  • 建物の経年
  • 建物の修繕更新履歴
  • 目視による建物の現状

一次診断レベルの調査方法

  • 経年確認
  • 図面等資料、工事履歴、インタビューによる更新履歴の調査・確認
  • 現地調査(目視)による現状の確認