本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

地震リスク調査

構造図や構造計算書から求められる建物の耐震性を表すIs値、当社データベースにより得られる当該土地の過去の地震履歴と地盤状況を基に、竹中独自のシステムによりPMLを算出します。

PML(Probable Maximum Loss)とは

PMLは予想最大損失率と訳され、地震リスクの指標として、地震に対して建物が被る損害を数値で示すものです。

  • 約500年間におこり得る大地震により建物が被る最大損失率で、当該建物の再調達価格に対する損害額の比率(%)で表します。
  • 構造体だけでなく二次部材(設備機器、仕上材)の被害を含みます。

 

■ライフサイクルサポート

  • 建物を健全に使い続けるためのサポート
  • 維持保全計画書の作成
  • 特殊建築物等定期検査報告(法定)
  • 建築設備定期検査報告(法定)
  • 長期保全・モニタリング契約
  • 免震装置の定期点検契約
  • 建物診断
  • 劣化診断
  • 耐震診断
  • 省エネルギー診断
  • 資産価値を向上させるための提案
  • 建物性能評価
  • 建替・改修判定
  • BCP(事業継続計画)サポート
  • ワークプレイスプロデュース
  • デュー・ディリジェンス

■デュー・ディリジェンス(ER:エンジニアリング・レポート)

  • エンジニアリング・レポートの調査メニュー