本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

免震技術

建物がゆっくりと揺れるため、建物の損傷がほとんどなく、安全安心に建物を守ります。

免震構法とは、建物に免震装置が設置されている免震層を設け、免震層で地震エネルギーのほとんどを吸収することにより建物の耐震性を大きく向上する構法です。阪神大震災クラスの大地震でも、建物がゆっくりと揺れるため、建物の損傷がほとんどなく、コンピュータや備品も守られます。建物への地震時入力が小さくなれば、柱はもっと細く、斜めにしたり、曲げたり、もっと自由に構造デザインができるようになります。当社は国内トップクラスの免震設計・施工実績数があり、超高層住宅から伝統木造改修まで、その建物種別はさまざまです。また独自開発の免震装置など豊富な免震技術を保有しています。

  • 建物の基礎部または中間階に免震層があり、免震装置が設置されています。
  • 地震時に免震層部分でゆっくり水平に動き、建物にはたらく力を軽減します。
  • 建物周囲の空間確保など地震時の動きに追従できるよう配慮されています。
免震技術

超高層免震技術

当社独自の装置開発として1996年頃より高強度積層ゴムHSRやリニアスライダー・すべり支承の実用化を推進しています。HSRは一般的な積層ゴムより引張強度が大きいものであり,世界初の超高層集合住宅『パークシティ杉並和田』に採用しています。

パークシティ杉並和田

パークシティ杉並和田

高強度積層ゴム HSR

高強度積層ゴム HSR

免震と制振を組合わせた3棟連続免震

「アイランドシティタワースカイクラブ」は、免震人工地盤上に3棟の独立した棟間を数種の制振装置で連結している、免震と制振の複合建築です。特に建物頂部に配置した「超塑性合金制振ダンパー」は当社が株式会社神戸製鋼所と共同開発したナノテクを駆使した亜鉛とアルミの合金を用いたダンパーです。

アイランドシティタワースカイクラブ

アイランドシティタワースカイクラブ

ハイブリッド免震システム

『梅田DTタワー 』はリニアスライダー、多機能オイルダンパーなどの免震デバイスを結集した「ハイブリッド免震システム」として世界で初めて超高層オフィスビルに適用しました。

梅田DTタワー

梅田DTタワー

ハイブリッド免震 システム

ハイブリッド免震 システム

フェールセーフ機能付きダンパー

2003年の十勝沖地震以降、社会的に長周期地震に対する問題提起がなされ、当社でも免震構造のフェールセーフ機能を備えた「回転摩擦ダンパー」(海外メーカーからの技術導入)を開発し『ローレルタワーサンクタス梅田』等、集合住宅や研究施設に適用を推進しています。

ローレルタワー サンクタス梅田

ローレルタワー サンクタス梅田

回転摩擦ダンパー

回転摩擦ダンパー

微振動を抑制しながら地震時の安全性を確保する「ビスカス免震®

精密な製造装置には,地震のように大きな揺れだけではなく,交通振動などの微細な環境振動も遮断する必要があります。
このような振動に対する高度なニーズには粘性体ダンパーを用いた竹中式ビスカス免震により応えることが可能です。ビスカス免震は1980年代に開発された竹中工務店のオリジナル技術で,中小地震時に対する効果が大きいという特徴を生かし,最先端の生産施設へ適用しています。

微振動対策

鉄道高架下の空間を快適に利用できる「吊り免振工法」

防音・防振・免震機構を融合させ、安全で静かな空間を実現しました。
高架下にホテル並みに静かな室内環境を実現すると同時に、吊り構造による長周期により免震構造を実現すると共に高架橋の耐震性維持も確保する積極的な高架下活用技術です。
本技術は、東日本旅客鉄道と竹中工務店との共同研究開発技術です。

吊り免震工法

竹中免震床システム「TAFLIS®

データサーバや重要機器を地震から守る免震床システム「TAFLIS®」を開発しました。
庁舎及びデータセンターなど多数の適用実績があり、信頼性の高いシステムで、メンテナンスも容易です。中小地震から効果を発揮し、地震後の元位置復帰機能が非常に高いシステムです。
TAFLISは構成装置が非常にコンパクトで、床下のケーブルスペースが確保できます。

床免震概要

床免震概要

TAFLIS<sup>®</sup>

TAFLIS®

 

大型積層ゴムの大地震時性能

世界最大級の試験機を用いて大型積層ゴムの免震性能を確認しました。

免震建物に用いる積層ゴムは、基本的な性能試験は行われていますが、現実の地震波を入力した試験は通常行われません。
当社は、超高層建物に用いる直径1.3mの大型積層ゴムに所定の鉛直荷重を加えた上で、長周期地震動を含めた地震波を水平2方向に実速度で入力し、大地震時の挙動や安全性を日本で初めて確認しました。国内にはこのような実験を行う試験装置がないため、実験はアメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)にある世界最大級の試験装置により2007年7月に行いました。
先駆的なこの取り組みは日本免震構造協会から高い評価を頂き、2010年度の技術賞<特別賞>を受賞しています。

       
UCSDの試験機

UCSDの試験機

       

積層ゴムの大地震時性能検証実験(動画)

   

 

積層ゴムの耐久性

使用中の免震建物で積層ゴムの取り出し・性能調査を実施しています。

積層ゴムの経年に対する耐久性は促進老化試験などに基づく予測値や、別置き試験体などの実測値で確認されます。
当社ではそれらに加え、実際の建物で荷重を受けている積層ゴムを、約10年毎 に取り出して性能確認を行っています。この建物は1987年に竣工した当社第一号の免震建物「船橋竹友寮」で、施工後21年経過(2008年)でも変形特性や引張特性などゴムの物性や免震性能に問題ないことを確認しています。
同時に、万が一積層ゴムが損傷した場合、建物を使用しながら積層ゴムを交換できることもこの建物で確認しています。

1996年と2008年に実施。次回2016年を予定
船橋竹友寮

船橋竹友寮(2008年撮影)

■積層ゴムの取り出し

積層ゴムの取り出し
積層ゴムの取り出し

■積層ゴムの性能確認調査

積層ゴムの性能確認調査
積層ゴムの性能確認調査