本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

補強工法

地震に対して建物を安全にするための補強工法の特徴を紹介します。

「居ながらできる補強」をキーワードに、最先端の多彩な独自工法を用意しています。「地震に強くする」補強には様々な方法があり、目的に応じて適切に選定します。

※居ながらできる補強 建物内の通常の業務や居住に影響を及ぼすことなく、業務を続けて文字通り「居ながら」補強工事が行える工法です。
大地震時の性能比較

耐震補強

構造部材の強度や変形性能を向上させて,建物の地震抵抗力を向上します。
炭素繊維形成板による柱梁補強や、鉄骨ブレース接着による架構の補強工法を用いて、建物の強度や変形性能を向上させます。
中低層に適した工法です。

耐震補強

免震補強

免震装置により建物の固有周期を延ばし、建物に入る地震力を低減します。

免震装置により地震動を遮断し、建物に伝わる地震力を大幅に低減することで、補強をほとんどすることなく高いレベルの耐震性能を確保します。

免震補強

制振補強

制振装置により地震エネルギーを集中的に吸収し,建物に要求される耐力を下げます。
制振装置を備えた架構が地震エネルギーを吸収して、揺れを制御し、既存架構の負担する地震力を小さくします。

制振補強