本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

制振補強

制振装置により地震エネルギーを吸収し、既存架構の負担する地震力を低減します。

中低層建物に適した補強方法です。制振装置を備えた架構が地震エネルギーを吸収して、揺れを制御し、既存架構の負担する地震力を小さくします。

制振補強

TMD(Tuned Mass Damper)

新宿野村ビル

建物最上部内にTMDを設置することで長周期地震動における揺れ軽減対策を実施。このビルでは1基のおもりを2段積層ゴムとリニアスライダーで支持するデュアルTMD-NTを採用し、入居テナント様や外観・眺望への影響を最小限に抑えることができます。

 

外殻フレーム制振補強

大阪豊田ビル

外壁の外側に制振装置を後付けしました。改修後も大きな開口部はそのまま確保し、景観に配慮した外観を創出できます。

大阪豊田ビル

波形鋼板制振壁

鋼板を波形にすることで、波形方向に対して楽器のアコーディオンのように自由に伸び縮みする一方、地震力などの水平力には高いエネルギー吸収性能を発揮します。

波形鋼板耐振壁

波形鋼板制振壁