本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

基礎の補強

建物を支える基礎の耐震安全性を評価し、補強を行います。

既存建物基礎の耐震診断・補強技術

耐震設計がなされていない古い基礎を耐震診断し、耐震安全性を確認します。耐震診断によって耐震安全性が低いと判断された基礎は、建築主の求めに応じて、大地震に備えて耐震補強します。

耐震診断技術の概要

耐震性能の大きさを耐震指標(Isf)で表し、安全性の判断基準である判定指標(Isof)と比較して、基礎の耐震安全性を評価します。評価方法には、評価レベルの異なる2つの診断法があります。簡易診断法は簡易な評価方法で診断し、「詳細診断の要否」を判断します。詳細診断法は詳細な評価方法で診断し、「耐震補強の要否」を判断します。

耐震補強技術の概要

最初に、建築主の要求する耐震性に応じて補強レベルを設定します。次に、建物の使用をできるだけ妨げないことを前提として、保有耐震性能、建物条件、地盤条件、施工条件、補強費用等を考慮して耐震補強工法を選定します。