本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

耐震補強

地震からお客様の人命・資産を守ります。

構造部材の強度や変形性能を向上させて,建物の地震抵抗力を向上します。炭素繊維形成板による柱梁補強や、鉄骨ブレース接着による架構の補強工法を用いて、建物の強度や変形性能を向上させます。中低層に適した工法です。

耐震補強

エストンブロック工法

小型のプレキャストブロックで耐震補強壁を組み上げるもので、大がかりな足場や養生が不要なほか、騒音や振動、粉塵がほとんど発生しないため、工事階を含め、建物を稼働させながら補強を行うことができます。

 
エストンブロック(色つき)

エストンブロック(色つき)

施工状況(MSCセンタービル)

施工状況(MSCセンタービル)


Steel Ivy ®耐震補強工法

美観や使い勝手に最大限配慮した工法で、建物の外周部に十分な敷地の余裕がない場合でも適用できます。居ながらの工事が可能です。

耐震市松®

耐震壁や鉄骨ブレースによる耐震補強に比べ、美観・採光・通風に優れています。また、耐震壁を棚として利用したり、緑化で装飾することも可能です。

RC壁接着工法

シアー筋付き鉄板を柱や梁にエポキシ樹脂で接着した後、鉄筋コンクリート壁を新設または増打ちする工法です。接着工法のため騒音がほとんど発生しないのが特長です。

RC壁接着工法

自己圧着ブレース工法

プレキャスト製ブレースを自己のプレストレストによる圧着力により、柱と梁の接合部に直接取り付ける工法です。部材は工場生産なので早くできるのが特長です。

自己圧着ブレース工法

鉄骨ブレース接着工法・鉄骨フレーム接着工法

エポキシ樹脂を用いて、枠付き鉄骨ブレースや鉄骨フレームを柱や梁に接着して一体化させる工法です。アンカー工事が無いため騒音や振動が殆ど発生しないのが特長です。

鉄骨ブレース接着工法・鉄骨フレーム接着工法

鉄骨ブロック壁接着工法

人力で運搬できる軽量みぞ形鋼を用いて耐震壁を構築します。接着工法のため、溶接を伴わず執務しながらの補強が可能です。

鉄骨ブロック壁接着工法

外殻PCaフレーム工法

既存のフレームの外側にそのままプレキャスト(Pca)の柱と梁を一体化して補強することにより、工期が短縮され、補強前と同様大きな開口が得られます。

外殻PCaフレーム工法

増設鉄骨ブレース工法

建物の外側に鉄骨ブレースを増設することにより、最も容易に補強効果が得られます

増設鉄骨ブレース工法

デザインパネル工法

鋼板に窓的な開口を設けた工法です。大きな出入り口が設けられます。

デザインパネル工法

デザインフレーム工法

日本の伝統である格子のイメージで建物の外観を大事にした補強法です。

デザインフレーム工法