本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

短期的な改修による節電

目標:10~20%程度

短工期で実施可能な改修を中心に提案させていただきます。事前に効果の予測をして、短期間で効果的な節電対策を実施します。実施後の効果の確認をしながら最適な状態に調整させていただきます。

窓廻りのブラインド設置

日射遮蔽の手法(外ブラインド、内ブラインド等)をうまく既存窓に適用すると、空調用電力を削減し、窓廻りの快適性も確保することができます。

窓廻りの日射遮蔽改修

当社事業所の窓廻り日射遮蔽の改修事例です。内側にガラスパーティションを新設することで窓廻りの快適性、負荷削減を達成しています。

照明改修(LED化)

オフィス照明のLED照明改修の事例です。照明器具ごとの人感センサーで調光しています。700Lxでも55%以上の電力の削減となります。

タスク・アンビエント照明

タスク照明で手元を明るくし、全体照明(アンビエント照明)をほどほどに抑えた照明にすると約半分の消費電力になります。更にタスク照明の電力は大変小さいので大きな効果を期待できます。

電力使用量の見える化

本日の節電状況をリアルタイムに館内モニターや自席PC、テナントに対してもいつでも見れるように、LANシステムを改善し活用を提案いたします。

外気導入量の最適化

居室人員が少ない場合に、許容室内CO2濃度をこえない範囲で換気ファンを間欠運転させます。

省電力型ネットワーク機器(通信用ハブ)の採用

社内LANに使われるネットワーク機器を、利用状況に応じて供給電力を制御する「省電力型ネットワーク機器」に更新します。

非常用発電機の活用

既存発電機の有効活用と節電を行います。空調動力などに発電機から仮設供給し、また長時間の発電機運転のために、燃料タンクを増設します。

その他のメニュー 

  • 窓の日射遮蔽強化(遮熱フィルム貼り・ガラス交換)
  • 屋根・外壁の遮熱塗装