本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

用途企画の流れ

お客様のニーズと立地特性を生かし、最適な用途とその組合せをご提案いたします。

人々や企業の価値観が多様化する中で、お客様の事業の成功に向け、最適な用途及び用途の組合せを検討し、実現させるには、高い専門性や実行力が求められています。竹中工務店は、これまで様々な用途のプロジェクトに数多く携わってまいりました。こうした実績を通じて培った経験と幅広いネットワークにより、的確な用途のご提案はもちろん、事業の実現に向けたトータルなサポートをご提供いたします。

多様なニーズに応える最適用途提案

条件整理

お客様の様々な想いをお聞きすることからスタートし、計画地の立地条件や商業特性など諸条件を整理し、施設開発の方向性を探ります。

建築計画(ハード)及び中身(ソフト)のバランスのとれた計画立案

施設を成功に導くには、建築そのもの(ハード)とその中身(ソフト)がバランスよくかみ合う計画にする必要があります。当社は企画段階から設計者・企画者など幅広い視点から検討を行い、最適なバランスを見いだし、最適な用途・または用途の組み合わせをご提案いたします。

計画実現に向けての一貫したサポート

計画を成功に導くため、さらに業態検討、ゾーニング・ボリューム配分等の検討を行い、事業として成立するよう確実に計画を進め、基本設計・詳細設計に導きます。設計・施工段階に入ってからも、竣工また開業に向け、お客様の立場で考え、開業支援や運営面の企画など総合的にサポートいたします。

最適用途提案の流れ

最適用途提案の流れ


■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動