本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

ミント神戸

「震災の再生プロジェクト」の駅前拠点づくりを都市計画面・事業面から全面サポート

1995年1月に発生した阪神・淡路大震災により取り壊されたJR三ノ宮駅前の旧神戸新聞会館の再生プロジェクト。設計・施工業務をはじめ、プロジェクトの初期段階から開発手法、事業計画、用途企画、都市計画手続等の許認可取得、テナント斡旋など事業全体を通じたサポートを行いました 。

企画

兵庫県最大のターミナル立地を最大限に活かすよう、市場分析等を行い、店舗、映画館、オフィス等からなる複合ビルとして安定的な事業とする企画方針としました。また、クライアントニーズを踏まえ、地域に愛される情報発信力ゆたかなビルとして全体企画をコーディネートしました。

商業施設エントランス前 ※写真提供:神戸新聞社

商業施設エントランス前 ※写真提供:神戸新聞社

基盤整備

計画地は隣接する駅前広場空間が手狭という課題がありました。これを踏まえ、地元行政と協働しながらバスターミナル拡張や、地下・デッキレベルでの歩行者ネットワーク延伸を、ビルと一体的に行い、交通結節機能強化と駅前の賑わい再生を実現しました。

シネマコンプレックス

シネマコンプレックス

ビルの構成

ビルの構成

ビル全景

ビル全景

商業ゾーン

商業ゾーン

事業推進

計画実現に向け、立体都市計画を用いたバスターミナルや歩行者デッキ整備、都市再生特別措置法を用いた容積割増しをはじめ、大店立地法届出など各種許認可取得について当社の計画技術・ノウハウを活かした推進サポートを行いました。
また、事業計画の安定化・効率化を図るため公的支援制度の積極活用をはじめ、当社の不動産・事業ノウハウを活かした専門的サポートを行いました。

テナント斡旋

事業を確実な成功に導くためプロジェクト初期段階から有力テナント誘致に向けた斡旋・交渉等のサポートを行いました。

プロジェクト概要  
建物名称 ミント神戸
用途 店舗、事務所、映画館、バスターミナル等
所在地 神戸市中央区雲井通
竣工 2006年10月
事業主 神戸新聞会館
設計施工 竹中工務店
延床面積 約41,000㎡
構造/規模 SRC、RC、S造/地下2階、地上18階

■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動