本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

メルセデスベンツ・コネクション

都心における遊休地に期間限定の自動車ショールームとしての暫定利用を提案、実現支援

将来の事業予定地として、更地となっていた都心の遊休地に、期間限定の土地有効活用案として、メルセデス・ベンツ日本による初の直営店舗を提案しました。集客力のある賑わい施設の誘致により、地域に活気をもたらし界隈の回遊性を高めるなど、街そのもののポテンシャルを高め、後に控える事業の布石となる土地有効活用の実現を支援しました。

事業主と街にとって、土地利用の最適解を提案

東京ミッドタウン(六本木)の向かいにある交差点の角地は、将来の事業予定地として更地となっていました。そこで、開発に着手するまでの有効活用として、期間限定プロモーション・スペースを提案し、『メルセデス・ベンツ コネクション』の18ヶ月間の利用が実現しました。メルセデス・ベンツ コネクションは、幅広い購買者層に興味を持ってもらうための拠点として、カフェやレストランのスペースを主体とし、気軽に立ち寄りやすい雰囲気づくりがなされています。その狙い通り、施設を利用する人々による新たな流れが生まれ、街に活気と潤いをもたらしています。当社は、期間限定の暫定利用提案を始めとし、土地利用に関する契約のコーディネーションを支援しました。また、建設期間に発生した東日本大震災にも関わらず、約束通りの工期を守りました。

夜景

夜景

 

土地所有者と土地利用者のニーズのマッチング

このように、当社では自動車メーカー、アパレル、レストラン等との多業種にわたる豊富な企業とのネットワークの活用によるニーズマッチングにより、その土地に相応しい活用方法をご提案します。

 

プロジェクト概要  
建物名称 Mercedes-Benz Connection
(メルセデス・ベンツ コネクション)
所在地 東京都港区
開業 2011年7月16日
  ※18ヶ月間期間限定
工期 3ヶ月
事業主 メルセデス・ベンツ日本
基本設計・内装、
家具デザイン・
総合デザイン監修
窪田建築都市研究所
実施設計 窪田建築都市研究所、竹中工務店
施工 竹中工務店
延床面積 約1,400㎡
構造/規模 S造/地上2階

■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動