本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

オフィスのITソリューション

ITインフラ構築

オフィスビルの統合情報システム

オフィスビルに構築される情報システムは、大きく「電話系」「情報通信(LAN)系」「設備制御系」に分類されます。オフィスビルのオーナー、ワーカーのニーズに応え、もっともコストパフォーマンスに優れたシステムを構築します。

オフィスビルの統合情報システム

IPネットワークインフラ

近年のインターネット、イントラネットの普及によって、オフィスの情報通信(LAN)系のインフラは、IPネットワークが主流となってきました。
これに追随するように、ビル制御系では「BEMS」、電話系では「IP電話」「IP携帯電話」など、IPプロトコル(インターネット通信方式)を用いるシステムが登場しています。
従来はこれらのネットワークを個別に構築していましたが、今後は各システムを統合できるIPネットワークインフラがビルインフラとして不可欠となります。
これらのシステムをインテグレートし、1つのビル統合インフラに集約した、効率的で経済的なシステムを構築します。

IPネットワークインフラ

IP電話

近年のVoIP技術(音声をIPネットワーク上に流す技術)の向上やIP電話サービスの普及によって、オフィスにおける電話のIP化が進展しています。
IP電話を導入することで、通信費用の削減や、電話機能の充実とアプリケーション連携による業務効率の向上が図れます。
このIP電話システムを従来のPBXシステムからスムーズかつ安全に移行すると共に、ビルのIPインフラや設備と整合した効率的で経済的なシステムを構築します。

IP電話

IPによるアプリケーション連携

近年のオフィスにおける電話のIP化に伴い、音声と情報を統合できる技術を生かしたアプリケーション連携システムが登場しています。
PCにて検索した電話帳から直接ダイヤルしたり、PC画面や資料を共有しながらの通話、音声の伝言録音やFAXイメージをメールデータとして受信するなど、さまざまなオフィスアプリケーション連携が実現しています。
また、企業のお客様相談センターでは、着信と同時にお客さまの購入履歴や問合せ履歴を表示したり、通話をしながら説明画面や資料を表示したりと、顧客対応の向上に利用しています。
これらのシステムをビルのIPインフラにインテグレートし、効率的で経済的なシステムを構築します。

IPによるアプリケーション連携
IPによるアプリケーション連携

無線ITインフラ

無線技術の進展により、従来の「固定電話&デスクトップPC」が、「IP携帯電話&モバイルPC」に変わってきています。これにより、オフィスの自席や配線に縛られない新しいワークスタイルが定着しつつあります。
「IP携帯電話」はオフィス内では内線電話機、屋外では公衆携帯端末として利用できます。
全国に内線網を構築している企業では、事業所にIP電話サーバと無線LANを導入するだけで、どこの事業所でも同じ内線番号の端末として利用できます。
また、内線で呼び出した時に相手が屋外にいた場合は、自動的に公衆携帯端末として呼び出したり、ボイスメールに応答させるなど、自由な運用が可能です。

「IP携帯電話&モバイルPC」は、オフィス内では無線LANによる「フリーアドレス」「ノンテリトリアル」を実現し、オフィス外では「モバイル」「SOHO」などの新しいワークスタイルをもたらします。

無線ITインフラ

■人にやさしい空間

■ユニバーサルデザイン

■ワークプレイスコンサルティング

  • 竹中のワークプレイスコンサルティングとは
  • Service.2/コンサルティングサービス

■ITソリューション

  • 事業・施設のトータルソリューション
  • ITインフラ構築ソリューション
  • オフィス移転ITソリューション
  • 会議室AV/ITソリューション
  • 無線環境ソリューション
  • 省エネ/省CO2見える化ソリューション

■快適な気候

■騒音・振動対策