本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

空気膜ドーム(空気膜構造)

空気膜構造は、風船が空気を送り込まれることによって形造られるという原理を建物に応用したもので、常に室内の空気圧を外気圧より高めておくことによって屋根を支持する構造形式です。空気膜構造は屋根の重量を直接空気が支えるので、自重だけであれば理論的には屋根は無限に広くできる、非常に効率の良い架構方法です。屋根に使用している膜材は太陽の光を通しやすく、他の構造形式にはない明るい内部空間を実現することができます。