本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

建物を維持保全し資産価値を保つ

建物は所有者それぞれの固定資産であるとともに、社会的資産として都市を構成する重要な役割を担っています。大切な建物を安全に快適に、また、いつまでも美しく使用していただくには、日頃から適切な維持保全を行うことが大切です。私たちは建物の状態・劣化の状況を正しく把握するための建物診断や修繕・更新を通じて、ライフサイクル全般においてお客様の建物の資産価値を保つための活動をサポートいたします。


▶ライフサイクルサポート ▶デュー・ディリジェンス(ER:エンジニアリング・レポート)    

 

 

ライフサイクルサポート

ライフサイクルサポートがお客様に対する取り組みの基本です

私たちは建設にあたり、企画提案・設計・施工のすべての段階で「最良の品質」を提供する努力を続けています。そして、建物をお届けした後も時代の変化に応じた建物用途の変更や機能の向上・更新提案を行うなど、建物のライフサイクルにおいて、お客様の保有資産価値向上を総合的にサポートしています。

建物を健全に使い続けるためのサポート

建物の状態を把握することは、維持保全・運用管理を計画していく上でとても重要なことです。竹中は、建物を健全に使い続けるための計画書の作成や、検査報告をいたします。

建物診断

建物の状態・劣化の状況を正しく把握し、適切なタイミングで修繕・更新を行うことで、建物はさらに長生きします。竹中は、各種診断技術により適正かつ効果的な対応策を立案します。

資産価値を向上させるための提案

建物内部の使い方や、建物そのものの活用の方向性など、各種調査・分析方法により様々な提案が可能です。

 

 

 

 

デュー・ディリジェンス(ER:エンジニアリング・レポート)

不動産取引等におけるデュー・ディリジェンスのためのERを作成致します。

統合化された技術力と豊富な経験に基づき、不動産取引やJ-REIT組成等におけるデュー・ディリジェンス(DD)のため、信頼性の高いER:エンジニアリング・レポートを作成致します。

竹中のデュー・ディリジェンス

当社は、お客様のアセットマネジメント、プロパティマネジメントの最適化のためのニーズ、目的に応じ、様々なデュー・ディリジェンスの対応が可能です。

エンジニアリング・レポートの調査メニュー

デュー・ディリジェンスは、不動産の物理的調査、経済的調査、法的調査の3つから構成されます。当社は、不動産の物理的調査を土地、建物、環境の主にハード面の調査・診断を行います。