本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

コンパクトAMDによる中低層建物の振動対策

中低層建物の風や交通振動による振動障害をローコストで解決します。

背景

AMD(アクティブ・マス・ダンパー)は、建物に取り付けた重りを能動的に動かすことで、その反力で建物の揺れを制御する装置です。比較的小さい揺れに対して高い制振効果をあげることができます。主に高層建物で適用され、強風時の居住性改善や中小地震のあと揺れ抑制にも効果をあげています。中小建物でも鉄骨造で、特にアスペクト比(建物幅に対する建物高さの比)が大きい建物では同様の装置が必要とされています。しかし、中低層建物では装置コストが割高になるためAMDが適用されることはほとんどなく、中低層建物を対象としたローコストのAMDが必要とされていました。

コンパクトAMDの一例
(装置の仕様は条件により変更)

概要

コンパクトAMDは中低層建物への普及を目指したローコストなAMDです。風、中小地震、交通振動などによる建物の水平方向の揺れを低減します。エレベータで搬入できるよう設計しているため、新築はもちろん既存建物のリニューアル時にも適用可能です。通常は屋上に設置することが多いため屋外仕様としています。加振機としても使用可能であるため、竣工時の性能確認や、建物のヘルスモニタリングを容易にできます。

特長

  • ローコスト センサーや制御装置の簡略化、機構の簡略化などにより中低層建物への適用が可能となるコストを実現
  • コンパクト 中空サーボモーターの採用によりコンパクトに設計
  • 可搬式 既存建物への設置が容易。エレベータで搬入可能

適用例

JEWEL BOX GINZA
風揺れを低減し居住性を改善するためにコンパクトAMDを適用しました。当ビルにおける「コンパクトAMD」の効果確認試験を行ったところ、再現期間1年程度の風(1年に1回程度吹く風)に対して、建物の揺れを半分程度に抑えることが確認できました。

建設地 東京都中央区
構造/規模 S・SRC造/B1・F12

装置の高さは620mm