本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

TMDによる床などの振動対策

床、ブリッジ、階段などの振動問題を解決します

概要

大スパン化、軽量化により揺れやすくなった床、ブリッジ、階段などでは、人間の歩行などの軽微な加振力でも、不快感を感じる振動が発生する場合があります。振動問題に対し、揺れている部位に、揺れに同調する振り子を用いて揺れを抑制する装置であるTMD(チューンド・マス・ダンパー)を設置することで、より良い居住性、快適性を確保するとともに、魅力ある空間を実現します。当社はこのTMDの設計・コンサルティングを行います。

特長

  • 人間の動作や設備機器による振動に対し、建物全体ではなく、部位レベルで対策可能
  • コンパクト設計により、天井懐、二重床懐などの目立たない空間にTMDを設置
  • 豊富な実績にもとづき、新築建物や既存建物におけるさまざまな振動問題を的確に解決
  • リニューアルなどに伴う要求性能の変更にもフレキシブルに対応可能

制振装置の効果

適用例

床の揺れ対策(新築)

大スパンの跳ね出し床の揺れ対策として天井の懐に大型TMDを設置しました。

GYRE(東京都)

TMD設置位置

床の揺れ対策(リニューアル)

新たな鉄道の開通に伴う床の振動対策として、OAフロアの懐50mmに納まる薄さ44mmの薄型TMDを設置しました。

アルト伊藤ビル(東京都)

TMD設置位置

階段の揺れ防止

階段の揺れ防止対策に薄型TMDを適用しました。

サントリー美術館(東京都)

TMD設置位置

ブリッジの揺れ防止

棟と棟を結ぶブリッジの揺れ防止対策にTMDを適用しました。

ラサールSIA芸術大学(シンガポール)

TMD設置位置