本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

多人数加振対策技術

エアロビクスの縦揺れ・衝撃音対策

概要

エアロビクススタジオでは、数十人が音楽に合わせて一斉に同じ動作を繰り返すため、大きな力が建物に加わり、遠くまで振動が伝わるため、建物内の思わぬ場所で振動問題が発生する場合があります。これらの多人数加振による縦揺れ対策技術として、ゲルマウント防振床を開発しました。ゲルマウント防振床は、従来の防振ゴムを使用した床の3~5倍の性能を持っており、エアロビクススタジオ等から周辺に伝わる振動や衝撃音を低減することができます。また、周辺への伝搬振動・音以外にも、高減衰ゲルの効果によりスタジオ床自体も揺れにくくすることで、浮き床独特のフワフワ感を低減し、使用者が違和感なく動作できるスタジオ環境を実現します。

ゲルマウント防振床の構成

特長

  • 従来の防振ゴムを使用した床に比べ3~5倍の振動低減性能
  • 高減衰ゲル効果により、浮き床独特のフワフワ感を低減
  • フィットネススタジオを中心に数多くの実績があり、信頼性が高い

防振床の性能比較

利用タイプ分類 ゲルマウント 防振ゴム 一般的なスポーツ施設の床
浮き床重量(kg/㎡) 300~400 300~400 30~100
固有振動数(Hz) 5~6 11~12 15~30
防振効果 1/100 1/2~1/3 無し*~1/2
床衝撃遮音等級 LH-35 LH-45~-50 LH-50~-60
体感振動に対する効果は認められない