本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

どこでも振動体感システム

人や車などの動きによる環境振動を運搬可能なシミュレータで体感できます

背景

地震でもないのに床が揺れる。これは人が室内を歩行したり、建物の近くを車などが通ったりすることに起因する振動(環境振動)が原因です。対策を講じることで、環境振動を低減させることは可能ですが、対策の選定についてお客様の理解を得ることが困難な場合があります。これは、従来のグラフや数値を用いた視覚的な説明では、揺れの程度や対策による効果がわかりにくいためと思われます。

概要

「どこでも振動体感システム」は、歩行、フィットネス、鉄道などによるさまざまな環境振動を再現し、振動台に備え付けた椅子に座るだけで、その振動を体感できるシステムです。独自の振動台支持機構により、装置の小型化を実現し、運搬を可能としました。お客様のご要望にあった場所で気軽に振動を体感していただくことができます。設計や対策による揺れの違いをお客様に体験していただくことにより、対策選定についてスムーズに合意形成が図れます。環境振動について、お客様のご要望に合わせた合理的な対策が可能となり、お客様の満足度の高い建物を実現します。

特長

  • 人間の動作(歩行・小走り・フィットネス)、道路交通、鉄道、設備機器など、一般的な環境振動100種類以上を体感可能
  • 振動源、振動数、評価指標(振動量)をその場で変更可能
  • 評価指標は、加速度(gal)、日本建築学会、ISO、振動レベルに対応
  • お客様のオフィスに持ち込んで体感することも可能

フィットネススタジオを有する複合ビルでの適用事例

フィットネススタジオは建物内のさまざまな場所で振動の影響が出る恐れがあります。この建物ではフィットネススタジオの階下の店舗にて影響が大きいことがわかりました。どこでも振動体感システムを用いて、許容できる振動の程度を感覚と数値でご確認いただき、構造補強と防振床の対策をしました。