本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

「感じる」ことを活かした建築空間

積極的に「感じる」ことを活かした建築空間を目指して

視覚刺激と情動

自然の景色やゆらめく炎など豊かに変化する視覚刺激が、私たちの心にポジティブに働きかけることは経験的に知られています。また、さまざまな視覚刺激が脳に与える影響についても、脳科学分野での解明が進んでいます。これらを結び付けていくことで、エモーショナルな建築空間をつくるための科学的デザイン技術を目指します。
研究プロジェクトでは、視覚刺激の時間的・空間的周波数特性が、情動を中心とする大脳神経活動に与える影響を、脳科学的な手法に基づく被験者実験を通じて検証しています。

fMRIを使用した被験者実験では、刺激の乏しい廊下の動画を見ているときには後頭の視覚野のみが活性化しているが、緑豊かな動画を見ているときには視覚野以外にも脳の広範な部位が活性化していることが確認されました。

実験に使用したfMRI装置

実験に使用したfMRI装置

自然なレスポンスとストレス解消

足音、触り心地など自分の行為に対する自然なレスポンスが、心地よさや安心感などにつながることは経験的に知られています。また、適度な歩行がストレスの低減・回復に有効であることが、運動心理学等の研究から解明が進んでいます。これらの知見を受けて、知的活動にともなうストレスを解消させる歩行空間をつくるための科学的デザイン技術を目指します。
研究プロジェクトでは、歩行時のレスポンス刺激が、ストレス反応に与える影響を、被験者実験を通じて検証しています。

通常の廊下を歩行する場合と玉砂利を敷いた廊下を歩行する場合とを比較する被験者実験を実施した。玉砂利を敷いた廊下を歩行したときには、通常の廊下を歩行したときに比較して、歩行前後のコルチゾール濃度(ストレスを受けると分泌するホルモン)が低下する割合が大きくなる傾向が見られました。

実験に使用した玉砂利を敷いた廊下

実験に使用した玉砂利を敷いた廊下

 

■人にやさしい空間

■ユニバーサルデザイン

■ワークプレイスコンサルティング

  • 竹中のワークプレイスコンサルティングとは
  • Service.2/コンサルティングサービス

■ITソリューション

  • 事業・施設のトータルソリューション
  • ITインフラ構築ソリューション
  • オフィス移転ITソリューション
  • 会議室AV/ITソリューション
  • 無線環境ソリューション
  • 省エネ/省CO2見える化ソリューション

■快適な気候

■騒音・振動対策