本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

とよなかハートパレット(市民病院跡地)

市の健康福祉拠点整備と民間のにぎわい拠点整備を融合した新たなコミュニティ核を創造

とよなかハートパレットは旧豊中市民病院跡地の事業コンペに当社グループが当選し、健康・福祉・子育てをテーマに官民が連携する複合施設を整備したものです。

複雑な与条件の事業コンペ

この事業コンペの与条件は以下のように官民の役割が多岐にわたる複雑なものでした。

1. 敷地の概ね2分割し、半分は土地売却、半分は市所有のまま20年の定期借地とし、いずれも民間にて施設整備する。
2. 借地側施設にはそれまで分散していた健康・福祉・子育て支援の3分野の行政機能を集約した健康福祉センターを整備し、その部分は完成後市が買い取る。
3. 民間施設は市民の健康・福祉・子育てに資する用途構成とするとともに、ソフト面でも官民の機能連携を充実させ、全体として新たな生活拠点を創造する。
とよなかハートパレット外観

とよなかハートパレット外観

テーマに沿った複合施設を立案

  • この事業コンペに対し、その複雑なコンペ条件を整理しながら、テーマを実現しうる用途構成を検討しました。土地買収部分にはその事業性確保の面から子育て世代をターゲットとする分譲マンションを企画、定借部分ではフィットネスクラブや託児所、健康医療系スクールやクリニックモールを想定しました。
  • またそれら施設が市の健康福祉センターとどのような有機的連携を果たすのかについても検討し、有機的な官民連携のしくみを提案しました。
  • 施設構成についても企業コンソーシアムとプラニングや賃料、事業収支などの調整を行いながら、緑のある中庭型施設に落とし込んで行きました。
とよなかハートパレット中庭

とよなかハートパレット中庭

事業コンソーシアムの組成

以上の整理と並行して、デベロッパー・テナントのヒヤリングを実施、代表企業(デベロッパー)として関電不動産(株)の参画を得た上で、フィットネスクラブの(株)ルネサンスなど主要テナントからなる企業コンソーシアムの組成に結びつけました。

事業コンペ応募時の全体パース

事業コンペ応募時の全体パース

事業コンペへの対応と事業化支援

  • 事業コンペへの提案書づくりや戦略分析などを当社で行い、事業主の意思決定を支援しました。その結果15グループの提案の中で最高の総合点を獲得し、事業者として選定される結果となりました。
  • 事業者選定後も豊中市との協議、設計・施工および土壌汚染対策、テナントリーシング支援などを行って、複雑な複合施設の事業化を果たしました。

プロジェクト概要

商業棟施設概要

施設名称 とよなかハートパレット
所在地 大阪府豊中市岡上の町二丁目
事業主 関電不動産
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店
構造・規模 RC・S・SRC造、地上5階
延床面積 約13,654m2

住宅棟施設概要

施設名称 エルグレース豊中
所在地 大阪府豊中市岡上の町二丁目
事業主 関電不動産
設計 IAO竹田設計
施工 長谷工コーポレーション
構造・規模 RC、地上10階
延床面積 約7,792m2

■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動