本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

豊橋市保健所・保健センター及びこども発達センター

保健・医療・福祉サービスの拠点となる施設の整備運営PFI事業に構成員として参画

豊橋市は、地域保健の拠点整備をPFI方式にて事業化、平成19年8月に入札を行い、当社が参画するコンソーシアムが事業落札しました。事業コンペにあたっては、当社が中心となってコンソーシアム組成、提案書作成等を行い総合評価で1位となりました。

事業の紹介

  • 本施設は、多様化した「保健」に関するニーズに対して、保健所と保健センターを一体的に整備し、更にこども発達センターや休日夜間診療所を併設することで、保健・医療・福祉サービスを総合的に提供するものです。施設のオープンに合わせて、三師会施設(豊橋市医師会館、豊橋市歯科医師会館、豊橋市薬剤師会館など)も一敷地内に隣接整備されて官民が連携して事業を推進しており、「保健・医療・福祉」総合施設の最新事例として各自治体から注目されています。施設の愛称「ほいっぷ」は、保健の「ほ」、医療の「い」、福祉の「ふ」の頭文字を用い、各施設が混ざり合い連携するところをイメージしており、市民に親しまれています。
  • 施設の整備においては設計施工のメリットを発揮して、設計・施工・運営面での品質を一貫して向上させました。施工中の調整を含め、SPCパートナーである施設運営企業、医療事務担当との密な連携により、運用、維持・管理効率の高いファシリティデザインを推進しました。
  • 障害者団体や近隣住民参加によるユニバーサルデザイン・バリアフリー対応の検証、「みんなのもり」設計ワークショップ、植栽イベント等の市民参加プログラムを実施、作品を幅広く利用者の満足を得られる完成度まで高めています。
豊橋市保健所・保健C及びこども発達C
豊橋市保健所・保健C及びこども発達C
豊橋市保健所・保健C及びこども発達C

プロジェクト概要

所在地 豊橋市中野町字中原100
敷地面積 27,133.18m2
施設規模 構造:鉄筋コンクリート造2階建一部鉄骨平屋建、延床面積:12,540.23m2
発注者 豊橋市
事業主 株式会社 いきいきライフ豊橋
当社の役割 設計(JV)、施工(単独)

施設内容

保健所 診療室、処置・検査室、レントゲン撮影室、各種試験検査室など
保健センター 計測室、指導室、フィットネスルームなど
休日夜間急病診療所 内科・小児科診療室、処置室など
こども発達センター 相談室、診療室、理学療養室、保育室など

■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動