本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

設計CM方式

当社は設計力に高い評価を頂いています。設計CM方式は、この当社の高いデザイン力と技術力をプロジェクト初期段階から計画的に取り込むことで、施工段階の効率性の向上や施設計画に起因するお客様の事業性の向上を可能にするCM方式です。

設計CM方式

設計CM方式のメリット

一般的にCM方式では図面情報に対し、設計段階から設計者とコンストラクション・マネジャーが何度も協議を繰り返すことで情報共有・調整を行います。このため、コンストラクション・マネジャーの予算管理やVE・施工性の検討が断続的になる可能性があり、結果的にプロジェクト工程が間延びする、施工面での検討が図面に反映され難い、お客様へのご説明がタイムリーでなくなるといった懸念が存在します。

一方、設計CM方式では、コンストラクション・マネジャーが設計図面を作成し、また専門工事業者の入札及び施工段階の管理を行います。このため、図面に施工サイドの情報の汲み上げが容易であり、結果的にプロジェクト工程や採算性を効率化することができます。またアカウンタビリティに関して、ご希望の時にコンストラクション・マネジャーと窓口を一本化して打合せできることも大きなメリットの1つです。

設計CM方式のメリット

 

■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動