本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

建設アドバイザリーサービス

建設アドバイザリーサービスとは

建設アドバイザリーサービスとは、竹中がこれまで設計施工を行う中で培ってきた技術力や、お客様の立場に立って行うPM/CMサービスのノウハウを活かし、不動産投資関連分野での技術的な客観的評価を行う業務です。
建設アドバイザリーサービスは、オーナー等の利害関係者の立場で、建設プロセスを確認する「モニタリングサービス」と設計図書・見積書などの書面の妥当性について確認・助言を行う「レビューサービス」から成っています。資産流動化型の不動産の証券化、資産運用型のJ-REITの本格的スタート、およびそれに伴うデューデリジェンスなどの新しい不動産関連ビジネスの拡大により、当社の建設アドバイザリーサービスに対するニーズは拡大しています。
また、企業のCRE(施設担当部門)の部分的な代行としての発注者業務の補助や、近年拡大している株主、投資家はもちろん建設発注企業内におけるアカウンタビリティの確保などに対するニーズにも当社の建設アドバイザリーサービスはお応えしています。

建設アドバイザリーサービスとは

建設アドバイザリーサービスの事例

1. テナント移転工事に伴う事例

入居するテナントに対するサービス

A社がBビルにテナント入居するに際して、内装工事をゼネコンCに発注する場合に、当該工事について技術的な確認・助言を行うサービス

2. 資産流動化型不動産証券化における事例

SPCへ融資する銀行へのサービス

SPCが稼動中の収益不動産を取得し、改修工事を実施する場合に、当該SPCへの融資銀行向けに各種レビュー・確認・助言などを行うサービス

3. J・REITによる施工中建物取得に際しての事例

J・REITの投資信託委託会社へのサービス

不動産投資法人(J・REIT)が施工中の不動産を竣工と同時に取得する場合に、竹中工務店が当該J・REITの投資信託委託会社に各種の調査や技術的な確認・助言を行うサービス

4. コンストラクション・ローンを提供する金融機関向けの事例

コンストラクション・ローンを提供する金融機関へのサービス

金融機関がデベロッパーに対して、コンストラクション・ローンを提供するに際して、ローンの担保が施工中の建物となる金融機関に各種確認・助言や査定を行うサービス

 

■不動産活用

  • 最適な事業用途提案
  • 調査・コンサルティング
  • 市場調査
  • 都市計画
  • 交通計画・大店立地法

■都市再生

  • 都市開発
  • 一体的整備
  • 容積緩和
  • 再開発・共同化

■PPP・PFI

■スマートコミュニティ

  • スマートコミュニティへの取組
  • スマートコミュニティを構成する技術
  • スマートコミュニティを構成する建物

■都市環境・環境アセス

  • 環境アセスメント

■PM/CMサービス

  • 学会などでの活動