本文へジャンプ
  • お問い合わせ
  • english
  • sitemap

きらめきプラザ 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館

コンバージョン(用途変更)

  • 旧国立病院を事務所等に改修するPFI事業
  • 耐震性能を向上させる補強フレームが同時にデザイン・機能上の魅力となる付加価値を創出
建物外観

建物外観

改修前

改修前

事業の概要

1960年頃に建設の旧国立岡山病院の建物を耐震補強・全面リニューアルする大規模コンバージョン。県民と行政が協働して地域福祉を推進するための総合拠点として、福祉関係機関・団体を集積し、合わせてボランティア・NPOの活動支援施設を整備することとなりました。
(別棟にて、公文書・古文書の保存・研究・閲覧施設である記録資料館を整備)

設計・建設及び15年の運営・維持管理のPFI事業コンペに対し、耐震補強とデザイン・機能・設備が融合して付加価値を生み出すダブルフレーム構法などを提案し、受注に至りました。

耐震壁撤去後のフレキシブルな大空間

耐震壁撤去後のフレキシブルな大空間

まっすぐで明るい片廊下の明快な動線

まっすぐで明るい片廊下の明快な動線

改修工事内容

ダブルフレーム構法の適用による様々な付加価値

既存の建物は階高が3.2mと低く、新たに梁を貫通させて配管などを通せないという厳しい条件があった。そこで、敷地に余裕があるという利点を生かし、外部から補強する「ダブルフレーム構法」により、様々な付加価値をローコストで実現した。それらは「5つのフリー」というキーワードに集約される。

1. スペースフリー
既存の耐震壁を撤去したフレキシブルな空間
2. レイアウト・メンテナンスフリー
各空調ゾーンに近接し、常時メンテナンスが可能な機器・配管レイアウト
3. サンシャインフリー
熱負荷の低減
4. ファサードフリー
既存の病院のイメージを刷新する外観
5. バリアフリー
フレームを利用した避難スロープ・明快な動線による歩行弱者の安全性向上
補強概要の平面/断面図

補強概要の平面/断面図

改修後 鳥瞰

改修後 鳥瞰

ダブルフレーム部分の機能

ダブルフレーム部分の機能

プロジェクト概要  
用途(用途変更) 福祉施設、事務所
既存用途 病院(国立岡山病院)
所在地 岡山県岡山市
竣工 1960年頃(改修時:約築45年)
改修 2005年6月
工期 10ヶ月
建築主 サポートオアシス岡山
設計施工 竹中工務店
敷地面積 14,704㎡
建築面積 5,781㎡
延床面積 20,816㎡
構造/規模 S、RC、SRC造/地上7階、地下1階、塔屋2階